タイラボおすすめ記事
これはエモい!ジブリに出てきそうな「アムパワー水上マーケット」がおすすめ過ぎる

タイの観光地と言えば「水上マーケット」を思い浮かべる人も少なくないでしょう。

タイラボの記事でも詳細をご紹介したことがありますが、有名なものの一つに「ダムヌーンサドゥワック水上マーケット」があります。

じつはこのダムヌーンサドゥワックからそこまで離れていないところに、もう一つすごくおすすめな水上マーケットがあるんです。

ではそのおすすめ「アムパワー水上マーケット」についてさっそく見ていきましょう!

これはエモい!ジブリに出てきそうな「アムパワー水上マーケット」がおすすめ過ぎる

場所

「アムパワー水上マーケット」、タイ語では次のように表記します。

ตลาดน้ําอัมพวา:タラーtナーm アmパワー」英語だと「Amphawa Floating Market」です。

 

ロケーションはこちらになります。

 

サムットソンクラーム県のアムパワー郡にあるローカルな水上マーケットで、どちらかというと外国人よりもタイ人に人気があります

主に夕方から夜にかけて活気のあるナイトマーケットで、ここに来るなら夕方以降が断然おすすめです。

特にその時間帯ならではの「ライトアップ」と「ナイトクルージング」が凄いんです!

 

まるで「千と千尋」のような雰囲気!

オレンジライトで装飾された水上マーケット中心部は幻想的な雰囲気を放っており、どこかジブリ作品の「千と千尋の神隠し」に出てくる街並みを彷彿とさせます。

よくよく見ると完全にタイの市場がもつビジュアルそのものなのですが、ライトアップされるとオレンジの光が水面に反射し何とも言えない雰囲気になります。

 

マーケット中心部には小さな橋が架かっており、ライトアップが重点的になされているので撮影スポットとなっていました。

 

「ホタル」も見れるナイトクルージング!

もう一つおすすめなのが水上マーケットではおなじみのサービス「クルージング」。

しかしこのアムパワーでは「ナイトクルージング」を経験することができ、しかもその道中で「蛍:ホタル」ウォッチングまでできてしまうんです。

乗船料は1人/60バーツです。

ホタルのことをタイ語で「หิ่งห้อย:ヒンgホイ」といいます。この単語さえ覚えておけば船乗り場を探せるはずです。

こちらがその「ナイト蛍クルージング」の様子です。

 

もちろん屋台街も良い感じ!

水上マーケットというだけあって屋台街も充実しています。ローカルに人気のある場所なので値段も高くありません。

 

ワニ肉の串焼きなんかも売っていました。1串/30バーツ、味はほぼ「焼き鳥」。

 

たくさんの屋台が連なっているのですがそのいたるところに猫ちゃんがいます。衛生面で気になる人もいるかもしれませんが、私自身はタイのこういう自由なところが好きです。

まとめ

タイ・サムットソンクラーム県にある「アムパワー水上マーケット」のご紹介でした。

Googleマップ上では金、土、日の週末のみの開催とありましたが、私が行ったのは月曜でしたが市場は開催されていました。休日とかだったのかな?

とても情緒あふれる雰囲気で、いわゆる「エモさ」を感じさせてくれるローカル水上マーケットでした。

バンコクからは約2時間弱といったところでしょうか。かなりおすすめですのでぜひ足を運んでみてくださいね!

アムパワー水上マーケットに近いホテルならここ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事