タイラボおすすめ記事
タイから日本に【コレクトコール】をかける方法 その手順や料金は?

稀に起こる不測の事態によって、海外から日本へ電話で問い合わせする必要が生じることがあります。

特に海外旅行保険クレジットカードに関する問い合わせなどは急を要することがあるかもしれません。

日本だとほとんどの場合【0120】から始まるフリーダイヤルが用意されていますので、あまり電話料金を気にする必要はないかもしれませんが、海外からとなるとそうはいかないことが多いでしょう。

とはいえ、海外からの問い合わせに対応することの多い業種によってはフリーダイヤルに近いコレクトコールというサービスを用意している会社が多いようです。

今日はその「コレクトコール」のタイから日本へのかけ方をご紹介しておきたいと思います。

タイから日本に【コレクトコール】をかける方法 その手順や料金は?

コレクトコールとは?

そもそも【コレクトコール】とはいったいどういうサービスのことなんでしょうか?

簡単に言うと電話をかける側(お客)には費用が生じず、電話を受ける側(会社など)が電話料金を負担してくれるサービスです。

宅配でいうところの「着払い」に似ていますね。

コレクトコール会社会社

という感じで、我々お客側と電話を受ける会社側の間にコレクトコールを繋ぐ通信会社が入ることによって、海外からでも日本に電話をかけることができます。

 

ひとつ気に留めておいてもらいたいのが、コレクトコール会社に繋ぐまでの電話料金は普通にかかってしまいますので、厳密に言うとかける側に全く電話料金が掛からないというわけではありません。

とはいえ滞在する国内での通話料金となりますし、多くの場合オペレーターと話すのは2、3分もあれば十分ですのであまり気になるほどの料金にならないでしょう。

 

タイからコレクトコールをかける方法

タイからコレクトコールをかけるなら日本語でのサービスを提供してくれているKDDI」、これ一択と言っても良いでしょう。

もちろんその他様々な国でのサービスも提供していますので、該当する国での電話番号も含め下記ページで確認していただけます。

http://www.001.kddi.com/accessnumber/index.html

 

タイからだと以下の4つの電話番号が挙げられています。

タイ 001-800-811-0010 1800-0-081-10 001-800-00777113
1-800-0081-99 1-800-0081-98

 

ちょうど緊急にクレジットカード会社へ問い合わせなければいけない用事があって利用してみました。

1800-0-081-10」に掛けたところ日本語のガイダンスが流れ、以下の手順でコレクトコールをかけることができました。

 

コレクトコール手順
➀ 自動音声対応に沿って「4桁の数字と#⃣」を押すよう求められる

➁ オペレーターに繋がる

➂ 相手先の電話番号、会社名、自分の名前、その他簡単な情報を伝える

➃ 相手先に確認後、コレクトコールが繋がる

 

最初から最後まで日本語での対応でしたので非常にスムーズでした。

「何の用事でどこに繋げるか」を事前に聞かれますので、そうした情報を前もって準備しておくと時間節約になって良いかと思います。

 

コレクトコールの料金

ちなみにコレクトコールを受け取る側にはかなりの金額が請求されることになります。

今回利用したKDDIによると以下の電話料金が受け取り側に発生するようです。

最初の3分 2,160円
3分経過後、追加1分毎に 460円

 

例えば10分話すと「2160+460×7」で5,370円も掛かってしまうことになります。

クレジットカードや保険の会社が提供してくれているサービスなら大丈夫そうですが、個人あてに電話をかけるとなるとあまり実際的な連絡方法ではなくなってきそうです。

まとめ

海外でトラブルにあって急遽日本の会社に連絡を取らないといけないんだけど、どうしても電話料金が気になる…

という方は、ぜひその会社がコレクトコールサービスが提供していないか確認してみて下さい。

コレクトコール用の記載があるなら上記の方法で解決することができるでしょう。

ただ受け手にはそれなりの費用が発生しますので、よほど緊急の理由のときのみの利用が良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事