タイ生活情報

【簡単&お手軽】タイから日本へ荷物を送る方法 タイ郵便局の使い方

更新日:

3-1
 
.インターネットの発達と共に、今や国際間のやり取りもずいぶんと簡単になりました。
 
SNSアプリを使えば書類のやり取りや音声通話も簡単にしかもほぼ無料で出来てしまいます。
 
でもどうしても形あるものを送りたいという時もありますよね。
 
「遠く離れた日本の家族に○○を届けたい」
 
「日本でお世話になった知人にタイからお礼を送りたい」
 
そんな時どうしても「運送に掛かる値段」や「商品の紛失」が心配になってしまうかもしれません。「日本みたいに郵便局で簡単に荷物が送れればなぁ」なんて思う方も多いのではないでしょうか?
 
安心してください! じつはタイにも郵便局があるんです!しかもけっこう簡単に日本に手紙や荷物を送れてしまうんです。
 
今回のタイラボではタイから日本への簡単な郵送方法をご紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

 

意外と簡単!タイから日本への郵送方法

タイで「郵便局」ってなんて言うの?

タイで郵便局は次のように呼ばれています。
 
ไปรษณีย์:プライサニー 」
p_20161104_112732
 
赤を基調としたポストマンカラーは世界共通ですね。
 
バンコクのような大きな街だと営業所が市内に何か所もあります。大きなショッピングモールの一角にある場合も少なくありません。
 
地方の県でもその県庁所在地となる市には必ず大きな郵便局がありますし、少し田舎の町でも営業所を見つけることができるでしょう。
 

郵送料金

やはり気になるのは国際間の郵送に掛かる料金ですよね。

気になる料金はタイの郵便局公式ホームページから調べることができます。
http://www.thailandpost.com/index.php?page=index

1

画面左上の赤丸で囲んだ部分から言語の変更を行うことができ、タイ語と英語から選ぶことができます。(モバイル版での表示とは異なります)

 

英語表記を選択すると青丸で囲んだ部分が「Calculate Fee」と表記されますので、その項目を選ぶと送付先の国と荷物の重量(グラム)を打ち込むことができます。次のページに進むと入力した荷物の情報に沿った各種サービスの値段が表示されます。

 

私の住んでいるイサーン地方から日本に送るとどれぐらいの料金が掛かるのか、実際に郵便局に足を運んで聞いてみました。ささっと書いてくれた料金表がこちらです。

%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e9%83%b5%e4%be%bf%e6%96%99%e9%87%91%e8%a1%a8

見やすくまとめるとこんな感じ

EMS
2kg 1,590B
1kg 1,330B
500g 1,200B

 

Air Mail
2kg 1,009B
1kg 509B
500g 259B
250g 134B
200g 109B
荷物追跡サービス+65B

1kg、2kgとなってくるとそれなりの値段がしますが、500g以内だと「Air Mail」のほうはそんなに高くありませんね。荷物追跡サービスを付けたとして約1,000円で日本まで500gの荷物を送ることができるようです。

 

送付先住所の書き方

一般的に国際間郵送の場合、アルファベットで日本の住所を逆から書いていくという方法があります。
 
番地→町名→県名→国名→郵便番号、といった感じですね。
 
…なんだかややこしいですよね。なので一番簡単な方法をご紹介しましょう。
 
まず送付先住所を書くところの上に大きな字で「Air Mail to Tokyo Japan」と書きます。しっかりと目立つよう大きな字で書きましょう。赤いペンなどで書くと良く目立ちますね。
 
その下に日本語で送付先住所を書きます。
 
この方法を実際に試してみました↓
 
p_20161104_125640
日本滞在時にお世話になった友人にちょっとしたプレゼントを用意しました。
 
小さな子供がいる家族なのでワタクシの光り輝くセンスによって選ばれたプレゼントを送りたいと思います。
 
封筒には大きくハッキリと住所を記載します。
p_20161104_130948

モザイクをかけている部分には日本国内で普通に郵便を送るときと同じように日本語で住所を書いてあります。念のため裏には私のタイの住所を書いてあります。

これだけでOK!
 
つまりタイ郵便局から日本に送り、そこからは日本の郵便局にお任せするという方法です
 
どうしても心配でしたらアルファベットでの住所も書いておくと良いかもしれません。あとは上記の方法で用意した荷物を郵便局に持って行き料金を支払うのみです。
 

郵便局での手順

郵便局では各種郵送に使える封筒や箱が売られています。
p_20161104_113525
今回使った大きな紙袋は5バーツでした。
 
タイの郵便局では来た順にチケットを取りその番号が呼ばれるのを待つというシステムになっています。なので何も知らずにカウンターに行って割り込みをしてしまうことのないよう気をつけなければなりません。
p_20161104_113422

カウンターで荷物を見せるとおそらく次のように聞かれます。
 
ลงทะเบียนใหม?:ロンタビヤンマイ? 」=「荷物追跡サービス申し込む?」
 
上の表で説明した追加料金を払うと、先ほどのタイの郵便局のウェブサイトで荷物追跡を行うことができるようになります。
 
私はこのサービスを使ったことがないのですが、どうしても不安なら申し込むと良いかもしれませんね。また郵送するものが大切な書類や高価なもであれば申し込んだほうが良いでしょう。
 
サービスを選んで料金を支払ってしまえばあとは荷物が届くのを待つだけです。
 
より安く荷物を郵送する方法はこちらを参考になさってください。
【裏ワザ】タイから日本へ郵便物を通常より安く送る方法

今回のタイラボでは日本へ荷物を送る際に同じ容量の荷物をできるだけ安く送る、ちょっとした裏ワザ的な方法をご紹介したいと思います。

続きを見る

スポンサーリンク

 

まとめ

この記事を作成しながら実際に郵便局へ行き日本へのAIRMAILを発送してきました。

 

荷物の重量は214gで追跡サービスなしの料金は119バーツでした。荷物の重さはけっこう細かく区切って料金に反映されるようですね。良心的なシステムです。

 

受付のお姉さんに聞くと約二週間で届くようです。EMSで送るともう少し早く着くのかもしれませんね。

 
大きな物でなければ意外と簡単に、しかも低料金で日本へ荷物を運べるタイ郵便局のサービス、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

タイに興味ある方はサイドバー内の「購読ボタン」から、ぜひタイラボの読者登録(メールを登録するだけ。もちろん無料!)をなさってくださいね。

follow us in feedly
こちらのボタンからも購読登録できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-タイ生活情報
-, , , , ,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.