タイラボおすすめ記事
【一時帰国におすすめ】海外から楽天モバイルを申し込んで日本で使ってみた感想

海外移住生活が長くなりますと、外国での生活は次第に安定していく一方で日本に一時帰国した際の生活が不便に感じることがあります。

日本で生活しているときには必要経費として毎月支払っていたものなどを、「一年のほとんどは海外にいるから…」と切ってしまうとそうなることが多々あり得ます。

特に「携帯電話」がその筆頭にあげられるかもしれません。

もはや生活必需品とも言えるこのアイテムを出来るだけコストを安く抑えて維持するには、色々と比較検討しなければなりません。

ということで今回私が使ってみた「楽天モバイル」のお得なプランについて記事にしておきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

【一時帰国におすすめ】海外から楽天モバイルを申し込んで日本で使ってみた感想

楽天モバイル「スーパーホーダイ」

海外にいたとしても楽天モバイルにはネットを介して簡単に申し込むことができます。

いちいち店頭に足を運ばなくてもいいのは海外在住者としてありがたいポイントです。

楽天モバイル

上のリンクを進むと楽天モバイルのトップページが表示されます。

 

今回お仕事の都合でどうしても電話番号を持つ必要がありましたので、通話SIMに的を絞って探していました。

「050」から始まるIPフォンという選択肢もありましたが、どうしても安定した通話環境が欲しかったのでこちらに決定しました。

上の画像にも表示されていますが、この「スーパーホーダイ」というのが今回おすすめするプランです。

スーパーホーダイとは
楽天モバイルの提供するスーパーお得なプラン。
ほとんどの国内電話番号への10分以内の通話が無料、インターネットも使い放題(契約した容量を超えると通信速度が落ちるが、それでも問題なく動画を見れるレベル)、もちろんテザリングもOK!
こんなにお得で1,480円(税抜き)から契約できる。

 

申し込み

申し込み方法はとても分かりやすくなっているので、画面に表示される順を追っていけば簡単に契約できます。

最初に勧められる通り、申し込みの前に必要書類を準備しておきましょう。

料金引き落としに必要なクレジットカードもしくは銀行口座」「本人確認書類(パスポートや日本の免許証)」、そして他社からの乗り換えなら「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の予約番号」が必要です。

私は新規での申し込みだったのでクレジットカードと免許証のみでOKでした。

注意!!

このスーパーホーダイを月額1480円から始める条件の一つに「楽天会員」である必要があります。
事前に無料登録しておきましょう。https://grp01.id.rakuten.co.jp/rms/nid/registfwd?service_id=top

 

申し込みに際してもう一点だけ注意点を。

現時点(2019年9月)でこの「スーパーホーダイ」を契約するには、そのスマホ端末がドコモ回線を使えるものである必要があります。

ですから通話SIMだけ買ってスマホは今使っているものを…、と考えている人はご注意を。

対応端末はこちらのページから確認できます。

おそらくですが、タイで買ったSIMフリー端末ならほとんど大丈夫なんではないでしょうか。

 

タイではiPhoneを使っているのですが、今回せっかくの新規申込みということで端末も同時購入することにしました。

選んだのが「OPPO:オッポー」の「AX7」というスマホ。タイでも「A7」という名前で売られていますね。

選んだ理由はそこそこのスペックなのにめちゃくちゃ安いから、なんと月額約200円、一括購入でも4000円台で買えてしまいます。しかも今後、楽天が自社回線を持った場合にも対応しています。

ちなみにスーパーホーダイを月額1480円で使うには3年契約が必要です。

確か3年目以降は1480円から2980円になると思いますので、その時は9800円の違約金を払ってでも解約してしまうのもありかもしれませんね。

 

プラン、購入端末、支払い方法などを選んでいくと、本人確認書類の提出方法を選択する画面が表示されるでしょう。

スマホなどで撮影した書類画像をネット上にアップロードして本人確認することもできます。

この方法なら荷物受け取りは家族にお願いできるので、契約者本人は海外にいてもOKですね。

個人情報が入ったものをアップロードするのはちょっと…

という人は「ご自宅かんたん本人確認」も選べますが、その場合必ず本人が自宅で荷物を受け取る必要が出てくるので、タイミング的に海外在住者にはハードルが高いかもしれませんね。

「アップロード」を選んだ場合、楽天モバイルの申し込み完了に引き続き書類アップロードに移っていきます。

本人確認書類をアップロードし終わって少し待つと、登録したメール宛にアップロードが完了した旨を知らすメッセージが届きます。

その後も本人確認書類の手続き完了、商品発送に関するメールが届きますのでこまめにチェックしておきましょう。

ここまでくればあとは商品が届くのを待つばかりです。

私が申し込んだ際、手続き完了から2営業日ぐらいで届きましたので日本に帰国する数日前でも十分間に合うかと思われます。

申し込みページ:楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

 

日本で使ってみた

日本に帰ってきてみたら…。

ちゃんと届いてました!

 

このAX7にはSIMが2枚入る仕様となっています。タイに持って帰って使おうかなー?

このAX7、フロントカメラよりインカメの方が画素数がいいという、いわゆる「自撮り特化型スマホ」で、しかも盛りに盛れるとのこと。画面も大きくていい感じです。

アクティベートは端末にSIMを入れて、同封のパッケージに書かれたアクセスポイント情報を選んでいきます。

慣れている人にはかんたんな作業ですが、ご年配の方なんかにはちょっとややこしく感じるかもしれません。

 

使ってみた感想

かれこれ二週間ほど使ってみての感想ですが、この「スーパーホーダイ」かなり良いです。

今のところ、どこに居ても電波が途切れることはないですし、ネットもサクサクでタブレットなんかにテザリングしても全く問題ありません。

AX7も良い感じですね。かなりバッテリーがタフなようで一日フルに使っても半分ぐらいしか減っていません。

iPhoneほどではありませんが、ネット閲覧、動画再生、その他機能もサクサクとストレスなく使えています。

このサービスが月額1480円+約200円の端末代で使えてしまうのはすごいことだと思います。

 

まとめ

ということでここ二週間ほど楽天モバイルの「スーパーホーダイ」を使ってみての感想でした。

申し込みは簡単、商品発送は迅速、サービス内容も充実、これはかなりオススメのプランだと思います。

海外在住者でも日本帰国時によく電話を使うという方であれば、日本にいない間もこのプランを保持しておくのは決して悪くない方法だと思います。

ネットSIMだけならまた違う会社を選んだと思いますが、通話シムを探している方にはぜひ楽天モバイルの「スーパーホーダイ」を選択肢の一つとして考えてみていただけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事