タイラボおすすめ記事
【PR記事】五感を刺激するユニークで唯一無二のカフェ!!あの「Q-pot.」がバンコクにグランドオープン!!

今やタイのバンコクはカフェ激戦区となっており、特に商業施設が立ち並ぶ中心部には大小様々なカフェが連立しています。

「雰囲気の良さ」「美味しいドリンク類」「高クオリティのスウィーツ」「ネット環境があるかどうか」などはもはやカフェ選びの基本的な条件となっているかもしれません。

それらにもう「プラスワン」あるかでカフェ選びをするというかたも少なくないことでしょう。

このたびタイのバンコクへ 五感を刺激するユニークで唯一無二の世界観 を持ち日本でも有名なあのカフェ併設ブランドがやってきました。

この記事では「Q-pot.」と「Q-pot CAFE.」のご紹介をしていきたいと思います。

五感を刺激するユニークで唯一無二のカフェ!!あの「Q-pot.」がバンコクにグランドオープン!!

「Q-pot.」「Q-pot CAFE.」って?

Nobu
はじめましてー。
さっそくお聞きしたいんですが「Q-pot.」と「Q-pot CAFE.」ってどんなお店なんでしょうか?
Q-pot.さん

どうも、はじめまして。

Q-pot.」ではスウィーツをモチーフとしたアクセサリーやグッズを展開し、そのアクセサリーのデザインが本物のスウィーツとしてお召し上がりいただけるカフェが「Q-pot CAFE.」となります。

 

Nobu
なるほど!アクセサリー ⇋ スウィーツが相互に関連しあって展開されているんですね。
Q-pot.さん

そうなんです。

世界中に笑顔の連鎖を広げたい」というブランドコンセプトの元、海外に展開をさせて頂いておりまして、この度Q-pot.&Q-pot CAFE.が東南アジア圏に初出店することになりました。

人と人とをつなぐコミュニケーションツールとしてのアクセサリーを展開するQ-pot. そしてQ-pot.のポジティブアクセサリーが、本物のスウィーツとなって味わえるQ-pot CAFE.

ご来店いただくことできっとユニークで唯一無二の世界観をお楽しみ頂けると思います。

 

素晴らしいコンセプトですね!どんなお店なのかものすごく興味がわいてきました。

日本での表参道店東京スカイツリータウン店を始めとし多数店舗を持つ人気ブランドの直営店が、タイ・バンコクにオープンしたのは嬉しいですね。

ではまずその「Q-pot.」と「Q-pot CAFE.」が出店している場所を確かめておきましょう。

 

 

ロケーション

「Q-pot.」と「Q-pot CAFE.」のがあるのは今タイで話題のこちらの超大型ショッピングモール。

【ICON SIAM(アイコンサイアム)】

 

「バンコクの新名所」と大きな期待を受け、先月チャオプラヤー川沿いにオープンしたタイ最大の商業施設。地元でも大きな話題を呼んでおり「タイでいま最もアツい観光スポット」の一つです。

 

この「ICON SIAM」に入っている「サイアム高島屋」の2階に「Q-pot.」と「Q-pot CAFE.」がオープンしました。

Googleマップ

店舗住所、営業時間などその他詳細は以下の通りです。

【Q-pot. / Q-pot CAFE. SIAM Takashimaya 】


店舗住所:299 Charoen Nakhon Road, Khlong Ton Sai, Khlong San, Bangkok 10600

展開場所:サイアム高島屋店内 2F(アイコンサイアム内)

営業時間:10:00~22:00

FB:https://www.facebook.com/qpot.thailand/

 では続いて実際にタイでのお店の様子に目を向けてみましょう。

 

 

お店の外観と内装

こちらがアクセサリーを扱っている「Q-pot.」、チョコレートをモチーフとしたデザインが目を引きます。

 

月並みな表現で申し訳ないのですが、実際のスウィーツをモチーフにした彩り豊かで本当に食べれてしまいそうなアクセサリーがきれいにディスプレイされています。もちろん販売もされています。

 

 

こちらが併設されたカフェ「Q-pot CAFE.」の内装。

ピンクを基調とした可愛らしいデザインですね。商品のイメージともマッチしていてより一層美味しくスウィーツをいただけそうです。

↓次ページ:【バンコク Q-pot CAFE.のおすすめメニュー】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事