旅行

【保存版】初めてのタイ旅行 基本情報まとめ ビザ、滞在費用、おすすめホテル、必需品など

更新日:

日本人にとても人気の「タイ」。毎年大勢の日本人観光客がタイへ旅行に来ています。タイが気に入って毎年のように観光に来ている人も多いでしょう。それほど日本人にとって手軽で魅力的な海外観光地となっています。

しかし中には「まだ海外旅行に行ったことがない」「今度初めてタイに行く」という方もいっらしゃることでしょう。日本とタイ、同じアジア諸国の一部ですが言語も文化も大きく違いますので初めての来タイとなるといろんな心配や不安があるのも当然のことです。

やはりそこは「タイ文化、タイ語、タイ生活情報 特化ブログ タイラボ」としてカバーしておきたいところ。

今回のタイラボでは初めてタイに訪れる人が心配したり不安に思ったりする点をまとめていきたいと思います。この記事さえ押さえておけばタイ旅行はバッチリ!というボリュームですのでぜひチェックしてみて下さい。

 

興味のある情報までひとっ飛び!目次を使ってくださいね↓

初めてのタイ旅行 基本情報まとめ ビザ、滞在費用、おすすめホテル、必需品など

 

ビザ関連情報

日本にいるとあまり気にしないかもしれませんが外国に出ると嫌でも考えなければいけないのが「VISA:ビザ」に関する事柄です。ビザつまり政府発行の滞在許可証によって旅行者はその国に留まることができます。

現在タイに滞在するにはどのようなビザが必要でしょうか?いくつか種類があります。

仕事でタイに来る人であれば「就労ビザ」つまりワークパミットが必要です。タイにある学校に通って言語などを学ぶなら「学生ビザ」を取得します。50歳以上の人でタイ国内に80万バーツ以上の貯金がある人なら「リタイアメントビザ」を申請することができます。これらのビザを取得するなら長期間タイに滞在することができます。それぞれのビザに関する詳しい情報はまたいつかのタイラボでまとめたいと思います。

しかし今回の記事は「初めてのタイ旅行」に関する基本情報ですので、関係してくるのは「観光ビザ(ツーリストビザ)」でしょう。

 

ではタイの観光ビザとは一体どのようなものでしょうか?在京タイ大使館の公式ホームページに次のような説明がなされていました。

  • 観光ビザの有効期間 シングルエントリー:3カ月間

            マルチプルエントリー:6カ月間

  • 観光ビザ申請料 シングルエントリー 4,500円 (2017年3月1日から2017年8月31日の間、21の国籍と地域の方はビザ申請料免除となります。詳細は、お知らせを参照して下さい。) /   マルチプルエントリー 22,000円
  • 1回の入国での滞在可能日数は60日以内。そしてタイ入国管理事務所において延長許可申請ができる。
  • 日本国籍以外の申請者で以下の国籍の旅券所持者は永住、定住、日本人配偶者等、特定の日本での在留資格を持っていない限り全てのカテゴリーのビザを東京タイ王国大使館で申請できない。

    ※http://www.thaiembassy.jp/rte1/index.php?option=com_content&view=article&id=1514&Itemid=333より抜粋

現在タイ政府が発行している観光ビザは「シングル」と「マルチプル」の二種類です。現時点で単なる旅行者が6ヶ月滞在可能なマルチプルを取得するのは難しいと言われているので「シングル」一択となるでしょう。

ですので「観光ビザのシングルエントリー」がタイへ来る旅行者が取るべきビザとなります

上記の大使館からの情報にもあるように、シングルビザでタイに滞在可能日数は3ヶ月(90日)です。しかしここで注意していただきたい点が一つ。この3ヶ月という滞在可能日数は何もせずにぶっ続けでタイに90日居られるというわけではないということです

どういうことでしょうか?答えが3つめの黒丸に記載されています。そこには「1回の入国での滞在可能日数は60日以内。そしてタイ入国管理事務所において延長許可申請ができる。」とあります。

もっと噛み砕いて説明しますと、これはシングル観光ビザを持ってタイに入国した日から60日以内に「タイ入国管理事務所」つまり「イミグレーション」に出向き、追加で1900バーツを払って滞在延長手続きをしなければならないということです。この手順を踏んで初めてタイに3ヶ月(90日)滞在できるということなんです。

ですのでもしこの延長手続きをしなかった場合、タイに入国した日から60日を過ぎた時点でオーバーステイとなり一日につき500バーツの罰則金を支払わなければなりません。もし仮に残り30日をオーバーステイしたらいくら罰則金を支払うことになるんでしょうか?

500×30=15,000バーツ(約5万円!!)

これはかなり手痛い出費になりますね。是非ともシングル観光ビザに関して先ほど説明した点を覚えておくことにしましょう。

分かりやすくまとめると次のような仕組みです。

タイ入国日(シングル観光ビザ効力スタート)

60日以内(入国日を含んで)にイミグレーションで滞在延長手続き(1,900バーツ支払う)

+30日滞在延長(タイ入国日から数えて合計90日滞在可能)

 

悪質なオーバーステイには次のような厳しい罰則も与えられますのでしっかりと念頭に置いておきましょう。

仏暦2558年(西暦2015年)11月27日付タイ内務大臣政令により、一部外国人の王国入国不許可を仏暦2559年(西暦2016年)3月20日から実行する。

在タイの外国人に影響を及ぼすので、ここにて公示する。滞在許可期間を経過した外国人に対し、以下の通りの条件と期間に基づいて王国入国の不許可を定める。

1. 出頭した外国人の場合

1.1 滞在許可最終日より数えて90日を超えて滞在した外国人は、王国出国後1年間は入国不可

1.2 滞在許可最終日より数えて1年を超えて滞在した外国人は、王国出国後3年間は入国不可

1.3 滞在許可最終日より数えて3年を超えて滞在した外国人は、王国出国後5年間は入国不可

1.4 滞在許可最終日より数えて5年を超えて滞在した外国人は、王国出国後10年間は入国不可

2. 逮捕された外国人の場合

2.1 滞在許可最終日より数えて1年を超えない滞在をした外国人は、王国出国後5年間は入国不可

2.2 滞在許可最終日より数えて1年を超えて滞在した外国人は、王国出国後10年間は入国不可

 

さて、かなり重々しい感じでビザに関する注意事項を述べておいてなんですが、現在タイでは30日(29泊30日)を超えないならビザ無し(ノービザ)での滞在が許可されています。

つまり普通の旅行者であればビザを購入せずとも上記の日数なら無料でタイに滞在できるということなんですね。もしタイ滞在が30日以上なら観光ビザを日本から取得して来るか、一度タイに入国した後ラオスなど近隣国のタイ大使館 or 領事館で観光ビザの申請を行う必要があります。

ラオスのビエンチャンでのビザ申請はこちらの記事を参考にしてください。

【2016/12/28 最新情報】ラオス-ビエンチャンでタイの観光ビザ申請する方法を写真で詳しくご説明します!

สวัสดีครับ Nobuです。実は今ビザ取りのためにラオスに来ています。それで今回のタイラボではラオスのビエンチャンで観光ビザを申請する方法を現在進行形でまとめていきたいと思います。 目次ラオス ...

続きを見る

【2016/12/29】ビエンチャンでの観光ビザ申請方法(受け取り編)

先日、ラオスの首都ビエンチャンにて観光ビザの申請を行ってきました。今回は三ヵ月限定の申請料無料期間ということもあったのでしっかり記事にまとめていきたいと思います。 観光ビザ申請方法を紹介した記事はコチ ...

続きを見る

 

できるだけビザに関する出費を抑えてタイに滞在する「裏ワザ的」なことについても触れておきましょう。

現在タイ政府は公式に年2回までのノービザ出入国を認めています。これは「ビザラン」と呼ばれる方法でタイ無料滞在期間を格安で延長できる裏ワザ的方法です。(長期滞在者にとっては常識ですが…)その方法は以下の通りです。

無料滞在期間30日が終了する直前に近隣国へ出国(空路 or 陸路)

再度タイに入国(その日のうちの再入国も可能ですが、一泊かそれ以上 近隣国に宿泊してからのタイ再入国の方がよりリスクが少ないと思われます)

無料滞在期間30日がリセット!!

このビザランも年2回までは法律にも則った正規の手法ですので堂々として行えば良いのですが、時おり国境の係員の気分次第でタイ入国を拒否されるような事例もあるらしいので全くリスクが無いというわけではありません。

しかし私も過去に何度もビザランを繰り返してきましたが入国拒否されたことは一度もありませんし、もしされたとしても少しその辺りをブラブラしてから別の係員のところに並び直せばすんなり通ったりするものです。何事も経験、逆境を楽しみましょう。

この方法を使って上手くいくなら計算上は1年に約60日タイにノービザで滞在することができます。

もし飛行機のフライトが迫っていたり大切な用事が控えていたりと、しっかりとしたスケジュール通り事を運ばないといけないならあまり冒険せず無難に観光ビザを取得した方が良いかもしれませんね。

 

タイ旅行 滞在費用はどれくらい必要?

これも初めてのタイ旅行なら気になるところでしょう。

タイ滞在中に何をするかでも大きく変わってきますので一概には言えないのですが、タイ滞在費用の計算に役立つかもしれないタイの基本的な物の価格をざっくりとまとめてみたいと思います。

食事編

町の食堂での一食:40−60バーツ

レストランなどでの一品料理:80−150バーツ

ビール(600ml瓶):50−80バーツ

ビュッフェ形式のレストラン(一人):150−400バーツ

日本食ファミレス1食あたり:150−300バーツ

KFC ケンタッキー(バーレル):300バーツ

地鶏丸焼き:120−150バーツ

ミネラルウォーター:7−10バーツ

コカコーラ:10−12バーツ

カットフルーツ(一袋):20バーツ

交通編(もちろん距離に応じて値段が増えていきます)

タクシー(初乗り):35バーツ〜

路線バスエアコンなし):10バーツ〜

路線バス(エアコン付き):15バーツ〜

MRT(地下鉄):15バーツ〜

MRT(スカイトレイン):15バーツ〜

エアポートリンク:15バーツ〜

トゥクトゥク:30バーツ〜(要交渉)

バイクタクシー:15バーツ〜

他にもタイマッサージなら1時間/150-300バーツ、携帯電話プリペード式SIMカードなら50−100バーツほどで売られています。電化製品やガソリンの価格は日本とさほど変わらないと考えてもらって良いでしょう。

レンタルバイクなら1日/200バーツ、レンタカーは1日/600バーツぐらいが目安だと思います。

こちらの記事も参考にしてください↓

生活必需品「冷蔵庫」「洗濯機」「電子レンジ」をタイで買うといくらかかる?【タイ生活情報】

この記事では日常生活必需品をタイで買う場合のおおよその値段をご紹介したいと思います。 タイでの生活を始めるにあたって色々買い揃える予定の方は是非参考にしてみてくださいね。 目次タイ生活必需品(家電)の ...

続きを見る

この記事を書いている2017年5月現在では1バーツ=3.2円となっています。観光地の料金やホテルなどはピンキリですのでここで紹介しきれないと思います。

タイでもプーケットなどの観光地は格別に物価が高くなっていますし、逆にイサーン(タイ東北地方)などの田舎ならバンコクよりずっと安い価格帯のものを色々見つけることができるでしょう。こればっかりはどこで何をするかで大きく変わってきますので、もし滞在費用を前もって知りたいなら事前の良い計画が大切になってくると思います。

 

おすすめホテル情報

タイでもお金を出せばいくらでもいいホテルはあります。逆にお金をケチると愕然とするようなホテルに泊まることになる可能性も多々あります。

それで今回のタイラボではバンコク周辺の立地条件、価格帯、クオリティーなどを踏まえた上でまずハズレのない、いわばカタいホテルを二箇所ご紹介したいと思います。

 

①アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル (Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)

タイの国際空港の一つでエアアジアなどが日本から到着する空港となっているバンコク ドンムアン空港。その道を挟んですぐ向かいにあるのがこちらのホテルです。

ロケーションはこちら。

何と言ってもおすすめはドンムアン空港に降り立って一度も外に出ずホテルまで歩いていけるというロケーションの良さです。空港内から歩道橋のような形でホテルへの直通通路があり、タイに入国してすぐにホテルにチェックイン出来るんです。

長いフライトでクタクタに疲れているのにそこからまたタクシーを拾って慣れないタイ語と格闘する …ふぅ、考えただけでも疲れますよね。

でもこのアマリホテルならそんなストレスとは無縁で、順調に行けば飛行機から降りて1時間後にはベッドの中なんてこともあり得るわけです。

セール期間中なら日本円で一泊5,000円程度と日本から来た人にはリーズナブルな価格になっています。バンコクの一般的なホテルと比べるとほんの少しだけ高い値段設定となっていますが、この好条件を考えると確かな価値があると思われる方も多いかもしれませんね。

 

続いてご紹介するのがこちら。

②ミラクル グランド コンベンション ホテル (Miracle Grand Convention Hotel)

まずはホテルのロケーションから。

見るからに高級そうなホテルで、実際このゴールデウィーク期間中の宿泊料金などは一般人の私ではとても手の出ない超一流価格(一泊20,000円弱)です。しかしその価格に応じたサービスやクオリティーを期待できるのも事実です。

実はワタクシこのホテルに泊まったことがありまして、とても素敵な部屋とタイのホテルには珍しいバスタブを堪能させていただきました。ホテルの内装も上品でスタッフの対応も一流ホテルのそれだったのを覚えています。一階部分には美味しそうな各種レストランも入っていましたね。

「一般人の私には…とか言いながらええホテルに泊まっとるやんけ!どーせこのブログでよーけ儲けとんちゃうんかいっ!」

という関西寄り読者様からのコメントが聞こえてきそうです。

いいえ!私のような一般人でも泊まれる理由があるんです!そしてこれだけは声を大にして言わせてもらいたい!

このブログ「タイラボ」はまだ全然お金になってない!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

…。実はこのホテル結構な頻度で大幅値引きをしているんです。特に週中なんかは結構な確率でプロモーション価格になっています。私が泊まった時も通常一泊18,000円のスーペリアルームがなんと 3,700円 まで割引されていました

ドンムアン空港からもそんなに遠くありませんし、バンコクの中心街にもホテルから1キロ圏内にあるタイ国鉄の駅から格安で向かうことができます。もちろんホテルにはいつもタクシーが出入りしていますので移動手段を確保するのも難しくないでしょう。

 

 

特定のホテルをお勧めするわけではありませんが、バンコクでここら辺に宿をとっていれば食事や移動の面でとても便利という地域があります。

一つはBTSの「Victory Monument:ビクトリーモニュメント」駅付近

大きな大学が近くにあり非常に活気のある地域で食事をするところに困らないでしょう。

中型のショッピングモールも多数あり至る所でマーケットが開かれています。スワンナプーム空港に直結しているエアポートリンクの終着駅があるパヤタイにも一駅だけの距離なので歩いてでも向かうことができます。

バンコク最大級のウィークエンドマーケット「チャトゥチャック市場」にもBTSで4駅乗るだけで着きますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もう一つ宿探しにおすすめの地域はBTSアソーク駅とMRTスクンビット駅が交差する地域です。

スクンビットは「日本人街」と呼ばれるほど日本人が多くいる地域で日本食を食べれるお店も多数あります。高級モールやタイ産リボンバッグブランドで有名な「NaRaYa:ナラヤ」直営店があるのもこの地区徒歩圏内です。

BTSとMRTが交差している場所ですのでバンコク中心街のどこに行くにも便利な場所となっています。

 

初めてのタイ旅行 必需品

慣れない海外旅行に何を持って行けばいいのか、何が必需品なのか、誰もが気になるところでしょう。

「タイ旅行 必需品」などで検索すると時々出てくるのが「マルチ変換プラグ」、いわゆる日本から持っていった電化製品のコンセントの形状が合わなかった場合、ジョイントとなるプラグのことですが、結論から言いますとこれは 必需品ではありません

かつて私もドキワクしながら初めてタイの地に降り立った時がありました。ぱんぱんのスーツケースの中にはネットで調べて買ってきたマルチ変換プラグが。…結局 一度も使うことがありませんでした。タイへ移住してきた際も「せっかく持ってるんだから」と日本からわざわざ持ってきましたがこの6年間一度も使ったことがありません。

確かにタイの電源口にはいくつかの形状がありますが、日本の代表的なコンセントの形状はまず間違いなく差し込めます。なのではっきり言いましょう。タイ旅行に関してマルチ変換プラグは必需品ではありません。

ちなみにタイの電圧は220Vで、多くの日本製の電化製品(100-110V対応)は使うことができません、というか無理やり使うと壊れてしまいます。なのでどうしても日本から持ってきたい電化製品がある場合は対応電圧をよく確認してからにしましょう。PCや携帯電話、タブレットなどはほとんど240Vまで対応しているので心配ないと思います。ドライヤーとかだと現地で買ったほうが安いかもしれませんね。あとは小さな変圧器を持っていくといろいろ捗るかもしれませんね。

では何が必需品なのでしょうか?挙げればきりがありませんがこの記事では実体験を元に日本から持ってきたら良いであろうものを4つご紹介したいと思います。

 

①言語サポート系アプリ or 本

初めてのタイ旅行でまず障害となってくるのが「言語」です。とりわけタイ語は声調言語、つまり発音の仕方で言葉の意味が変わる言語ですので初めてタイ語に触れる人が上手に発音することはほぼ不可能と言えます。「英語ができればなんとかなる」と思われるかもしれませんが、こればっかりは双方の英語能力がある程度高くないと成立しません。

じゃあ、どうすればいいの?ということですが、最近はスマートホンやタブレットの普及で随分とお手軽にこの障害を克服できるようになりました。ぜひ言語サポート系のアプリを活用しましょう。できればダウンロードしてネット環境のないところでも使えるものが良いでしょう。

アプリを起動して伝えたい内容の絵や文を押すと発音までしてくれる、もちろん文字を見せて意思疎通の助けにも使える、そういった類のアプリは多く存在しますが有名どころを使うなら高いクオリティーを期待することができると思います。タイ語は発音が命ですのでそこらへんが間違っていたら元も子もないですよね。

おすすめはこちら。

アプリなら「正しい発音を確認してから実際の会話は頑張って自分でトライ!」みたいにも使えますね。

私も初タイ旅行の際にブックレットバージョンのを買って持って行きましたが、非常に役立ちました。紙の本なら「書き込める」という利点もありますね。

 

 

②ポケットWi-Fi

これも一昔前とは違う価値基準かもしれませんね。

しかし今や様々なSNSを使って知人とコンタクトを取る人が増えていますのでインターネットは必須と言えるかもしれません。自分がいる場所を確認したり、それを他の人に伝えたりするのにもネット環境が必要です。

日本からSIMフリーのスマホを持って行き、タイで現地のSIMを買ってネットに申し込むというのも可能で一番安上がりかもしれませんが、タイ語ができないと結構ハードルが高いかもしれません。

最近は海外旅行用のレンタルWi-Fiがかなり格安で借りられるようですね。通信量無制限(一定量を超えるとスピード制限あり)で一日600円ほどから借りられるものが多いようです。出発する空港で受け取れるというのも便利なポイントですね。

 

 

私の友人がタイに遊びに来た時にポケットWi-Fiルーターをレンタルして来ていましたが旅行期間中とても役に立っていました。最近はモバイルバッテリーをも兼ねたルーターがあるようですね。

タイには公衆Wi-Fiを飛ばしている場所も多数あるのですが、ホテルやカフェによっては時間帯やネット接続している人数が多すぎるためにWi-Fi自体が繋がりにくくなっていることが多々あります。そんな時に自分専用のWi-Fiがあるといつでも連絡経路を確保していられるという安心感がありますね。旅行に行った本人もそうですが、日本に残る家族や友人にとってもこれは大切な要素だと思います。

旅行中の受け入れ先がしっかりと決まっていていつでも付き添ってくれる現地知人がいるならそこまで必需品ではないかもしれませんが、一週間を超えない比較的短期の旅行で色々自分で各地に出向くことを計画しているなら日本からポケットWi-Fiを借りていくことをお勧めします。

長期滞在で現地のSIMカードを使いたいという方はいつかタイラボでその辺りもまとめる予定ですので時々ブログを覗きに来てくださればと思います。

 

 

③ちょっとした時に羽織れる薄手の上着

なぜこれが必需品かと言いますと、一年を通して比較的暑いタイでは冷房が効きすぎている場所が非常に多いからなんです。例えば長距離バスの車内など逃げ場が無いところだと体調を崩してしまいかねません。経験上タイの長距離バスは本当に震えるぐらい冷房が効いています。

他にもカフェや映画館、レストラン、モールの中なんかも結構きつめに冷房が効かされていることが多いと思います。外で汗をかいて屋内で急激に冷やされるとなると風邪をひきかねませんね。

それでいつでもバッグに入れておけるぐらいの持ち運びも便利な薄手のパーカーのようなものを一つ持っておくことをおすすめします。

登山ブランドの「mont-bell:モンベル」からは丈夫で軽くコンパクトに収納できる上着が多数発売されています。超薄いのに以外と寒さをしのげるというレビューもあったのでピッタリかもしれませんね。

あとはユニクロから発売されている「ウルトラライトダウン」なんかも良いと思います。

選ぶポイントは軽くてコンパクト持ち運びが便利ある程度寒さをしのげるというところです。そこさえ押さえとけばどんなタイプの上着でも良いでしょう。

 

 

④完全遮光100%の日傘

タイ旅行おすすめ必需品、最後の4つ目は 日傘 です。これは特に女性の方におすすめです。

こちらの記事で詳しく説明していますがタイの日差しは日本の二倍強いと言われています。

【日本から持って行くといいものシリーズ】 タイの日差しは日本の2倍強い!?完全遮光100%の日傘はタイ旅行の必需品!

いずれにせよ世界保健機関(WHO)の言うとおり、タイは年間を通して高いUV指数を示しており、かなりきつい紫外線が降り注いでいることが分かります。「日本よりタイに居る方が3年早く老化する」という話を聞いたことがありますが、あながち間違っていないかもしれませんね 

続きを見る

ですので紫外線対策はタイ旅行において必ず思いに留めておいてもらいたい点なんです。そして最も手軽に効率よくその対策ができるのが日傘というわけなんですね。

例えばこちらの「Rose Blanc:ロサブラン」というブランドの日傘は素晴らしい遮光率が評判です。

 

他にも「サンバリア100」という完全遮光日傘を専門に販売している会社も非常に有名で、実際に商品を使ったことのある人から高い評価を得ています。http://uv100.jp

日本から日傘を持って来るにあたって一つ注意点があります。利用する航空会社によってはスーツケースに入らないサイズの傘は別料金か機内持ち込みを制限するところがあります。ですのでスーツケースの収まるサイズのものを購入するようにしましょう。

 

以上、初めてのタイ旅行 厳選必需品4点でした。

もちろん上で取り上げた4つの他にも持って来れば良いものはたくさんありますが、持ってこれる荷物の量には限界があるので厳選する必要があります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

タイラボ始まって以来の長編記事でしたが最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつもはタイ生活のちょっとニッチな一部分を切り取ってご紹介することが多いのですが、たまにはこういう基本的な情報をまとめておくのも良いかなと思い記事にしてみました。初めてのタイ旅行者が知りたいと思うかもしれない基本情報を4つ紹介するだけでも結構なボリュームになってしまいました。

ただこの記事さえ押さえておけば大丈夫!と言えるぐらい、綿密な調査と実体験に基づいての最新情報を掲載したつもりですので何かの形でこの記事が皆さんのお役に立てれば本当に嬉しいです。

今回取り上げた「ビザ」「滞在費用」「おすすめホテル」「必需品」の他にも記事にしてまとめて欲しいジャンルがあればコメント欄にて教えてください。いつかのタイラボでご紹介できればと思います。

まだまだ小さな個人ブログですがタイ在住者目線でニッチで役に立つ情報を発信し続けていければと思います。これからもタイラボをよろしくおねがいします!

タイラボ 編集+ライター Nobu

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-旅行
-, , , , , , , , , ,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.