タイラボおすすめ記事

おすすめホテル情報

タイでもお金を出せばいくらでもいいホテルはあります。逆にお金をケチると愕然とするようなホテルに泊まることになる可能性も多々あります。

それで今回のタイラボではバンコク周辺の立地条件、価格帯、クオリティーなどを踏まえた上でまずハズレのない、いわばカタいホテルを二箇所ご紹介したいと思います。

 

①アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル (Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)

タイの国際空港の一つでエアアジアなどが日本から到着する空港となっているバンコク ドンムアン空港。その道を挟んですぐ向かいにあるのがこちらのホテルです。

ロケーションはこちら。

何と言ってもおすすめはドンムアン空港に降り立って一度も外に出ずホテルまで歩いていけるというロケーションの良さです。

空港内から歩道橋のような形でホテルへの直通通路があり、タイに入国してすぐにホテルにチェックイン出来るんです。

長いフライトでクタクタに疲れているのにそこからまたタクシーを拾って慣れないタイ語と格闘する …ふぅ、考えただけでも疲れますよね。

 

でもこのアマリホテルならそんなストレスとは無縁で、順調に行けば飛行機から降りて1時間後にはベッドの中なんてこともあり得るわけです。

セール期間中なら日本円で一泊5,000円程度と日本から来た人にはリーズナブルな価格になっています。

バンコクの一般的なホテルと比べるとほんの少しだけ高い値段設定となっていますが、この好条件を考えると確かな価値があると思われる方も多いかもしれませんね。

 

 

続いてご紹介するのがこちら。

②ミラクル グランド コンベンション ホテル (Miracle Grand Convention Hotel)

まずはホテルのロケーションから。

見るからに高級そうなホテルで、実際このゴールデウィーク期間中の宿泊料金などは一般人の私ではとても手の出ない超一流価格(一泊20,000円弱)です。

しかしその価格に応じたサービスやクオリティーを期待できるのも事実です。

 

実はワタクシこのホテルに泊まったことがありまして、とても素敵な部屋とタイのホテルには珍しいバスタブを堪能させていただきました。

ホテルの内装も上品でスタッフの対応も一流ホテルのそれだったのを覚えています。一階部分には美味しそうな各種レストランも入っていましたね。

 

「一般人の私には…とか言いながらええホテルに泊まっとるやんけ!どーせこのブログでよーけ儲けとんちゃうんかいっ!」

という関西寄り読者様からのコメントが聞こえてきそうです。

いいえ!私のような一般人でも泊まれる理由があるんです!そしてこれだけは声を大にして言わせてもらいたい!

このブログ「タイラボ」はまだ全然お金になってない!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

…。実はこのホテル結構な頻度で大幅値引きをしているんです。特に週中なんかは結構な確率でプロモーション価格になっています。

私が泊まった時も通常一泊18,000円のスーペリアルームがなんと 3,700円 まで割引されていました

 

ドンムアン空港からもそんなに遠くありませんし、バンコクの中心街にもホテルから1キロ圏内にあるタイ国鉄の駅から格安で向かうことができます。

もちろんホテルにはいつもタクシーが出入りしていますので移動手段を確保するのも難しくないでしょう。

 

特定のホテルをお勧めするわけではありませんが、バンコクでここら辺に宿をとっていれば食事や移動の面でとても便利という地域があります。

一つはBTSの「Victory Monument:ビクトリーモニュメント」駅付近

大きな大学が近くにあり非常に活気のある地域で食事をするところに困らないでしょう。

中型のショッピングモールも多数あり至る所でマーケットが開かれています。スワンナプーム空港に直結しているエアポートリンクの終着駅があるパヤタイにも一駅だけの距離なので歩いてでも向かうことができます。

バンコク最大級のウィークエンドマーケット「チャトゥチャック市場」にもBTSで4駅乗るだけで着きますよ。

 

もう一つ宿探しにおすすめの地域はBTSアソーク駅とMRTスクンビット駅が交差する地域です。

スクンビットは「日本人街」と呼ばれるほど日本人が多くいる地域で日本食を食べれるお店も多数あります。高級モールやタイ産リボンバッグブランドで有名な「NaRaYa:ナラヤ」直営店があるのもこの地区徒歩圏内です。

BTSとMRTが交差している場所ですのでバンコク中心街のどこに行くにも便利な場所となっています。

↓次ページ・「初めてのタイ旅行には何を持って行けばいいの?」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事