タイラボおすすめ記事
ある日突然現れる!?タイの「インスタント遊園地」ってどんな感じ?

タイで移動式「遊園地」を目にしたことがあるでしょうか?

普段は空き地だったり公園だったりするところに、イベントの期間中だけ突如として現れる「即席ミニ遊園地」です。

今回私の住む町で開催されたイベントでもこの遊園地ができていましたので見てきました。

ある日突然現れる!?タイの「インスタント遊園地」ってどんな感じ?

即席!?の遊園地

安全に関する法律上たぶん日本じゃ無理だと思うんですけど、タイでは移動式の簡易遊園地を各地のイベント会場で見かけます。

つい先日までは空き地だったのに今日来てみたら爆音と共に遊園地ができてるといった具合です。

その出来上がったインスタント遊園地の敷地内はこんな感じ。

所狭しと小ぶりな遊具が設置されている

 

観覧車とフライングカーペット

 

スパイダーマン(もちろん非公式)

 

ぶつかり合って楽しい「バンパーカー」

 

意外と盛況「ラジコン広場」

 

グルグル回り続けるだけのモータサイクル場

 

一周約20秒のジェットコースター

 

各アトラクションの前でチケットが買えます。どれもだいたい40~50バーツ

 

なんとも言えない表情のアベンジャーズの背中に乗れるのはココだけ!

ジェットコースター、バンパーカー、観覧車、フライングカーペット等々、小さいながら意外とアトラクションの数も豊富です。

人形塗りや射的ゲームのようなものもあり、どこか日本の縁日のような雰囲気もあります。

下の動画でその雰囲気を感じていただけるかもしれません。

 

各種アトラクションのあるスペースの他に、食品、服飾、カー用品、携帯電話グッズなどが並んだテント街も併設されており、買い物だけのために来ている人も多くいました。

なんでもこの町が県に承認されたことを祝うイベントだそうで、毎年決まった時期に行われているようです。ちなみに今年は25周年だそう。

小さな子供連れの家族など、このイベントのために県全土からたくさんの人が集まっていました。

まとめ

今まであまり近くで見ることのなかったタイのインスタント遊園地を近くで見れて良かったです。

安全のことを考えると、結局は見ているだけで「乗ってみよう」という気持ちにはなれなかったですが…。

それでもネオンギラギラ&爆音のにぎやかな雰囲気は日本ではなかなか味わえない、いかにも「The・タイ」って感じの体験だと思います。

もしみなさんがタイに滞在している間に見かけたらぜひ近寄って体験してみて下さいね。

《タイ文化関連記事》

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事