タイラボおすすめ記事
【ほんわかハートフル】コロナ騒動中に届いたタイのちょっといい話まとめ

全世界を巻き込み、まだまだその事態の収束が見えない新型コロナウイルス「Covid-19」

とはいえそうした困難な状況の中でも良いニュースがSNSなどを通して拡散されています。

このコロナ期間中にタイ国内で示されている、親切で温かいハートフルエピソードが多くの人の心をほぐしています。

信憑性の高いものをいくつかまとめてみましたので、一緒にほっこりしましょう。

コロナ騒動中に届いたタイのちょっといいエピソードまとめ

① タイの「ワコール」マスク無料配布

日本でも有名な女性用下着メーカー「ワコール」。

そのタイ法人会社「タイ ワコール」がバンコクの下着生産工場の一部で無料配布するためのマスクを製造しています。

ナイロン製、ポリエステル製を含む20万枚のマスクを今年の4月中に製造し終えることを目標としているようです。

そのマスクはまずはコロナ対策のために従事する組織関連者、医療従事者、そしてゆくゆくは全ての国民へと配布していくよう計画されているようです。

วาโก้เร่งผลิตหน้ากากแจกฟรี จับมือคนไทยผ่านวิกฤติ โควิด-19

企業をあげてこのコロナ期間中に助け合おうとしてくれているのは嬉しいですね。しかもワコールのマスクとなればクオリティの高さも期待できます。

 

➁ ミャンマー人がタイ人のために

タイ近隣国の人が示す親切にも注目が集まっています。

タイ・プーケットに出稼ぎに来ているミャンマー人労働者が、今回のコロナウイルス騒動で困窮しているタイ人のために300kgものお米を買ってに配っているとのニュースがシェアされています。

労働者として受け入れてくれていることに対する日ごろの感謝を示したいとのこと。なんという「優しい世界」!

https://www.matichon.co.th/covid19/news_2145082

 

③ Facebookで服を売るおばあちゃんに…

こちらも身近にある「優しい世界」を感じさせてくれます。

困窮したおばあちゃんが何とかして収入を得るために、Facebookを介して服を売ろう(激安!)としたところ多くの寄付が集まったというお話。

おばあちゃんも感謝しつつ頂いたお金は返金したいと言っており、双方の対応どちらもタイ人の持つ美徳感を感じさせます。

ภาพประกอบข่าว

タイ語ニュース記事

 

➃ 困窮するおじいちゃんタクシー運転手に…

こちらもほんわかハートフル。

涙ながらに感謝を述べるおじいちゃん。言葉がなかなか出てきていませんね。「タイの人々の親切に感謝、こうなるとは思いにもよらなかった」と言っています。

 

タイ語ニュース記事:http://www.socialhot24.com/news106102.html?d=17042020&f=95137

にしてもすごい額ですね…一夜にして約2500万円もの大金を手にしたおじいさん、そのお金で今まで持ったことのなかった持ち家を建てたいそうです。

さらに病院に寄付、チェンマイの山火事消火活動を支持、そして同じくタクシー業界で困窮している仲間の助けにもなりたいとのこと。

また中古のタクシーを買って、これからも生活費を自分で稼ぐつもりだと言っています。

「家を建てたい」と聞くと日本だと叩かれそうになるかもしれませんが、それは野暮ってもんでしょう。

タイで数十万円もあればちょっとした小屋が建ちますので、きっとこのおじいちゃんはそういう慎ましい家を建てるはず!…だと思います。

 

⑤ フードデリバリースタッフに…

今回のコロナ騒動で一気に需要が増した職種の一つに「フードデリバリー」があります。その宅配ドライバーにまつわるあったかエピソードがこちら。

すでに7万越えリツイートされているこちらのツイート。タイ語なので訳しますと…

2:22 PM
オーダー確認しました

2:24 PM
こんにちは、今日は家族の日です。オーダーした食事はピー(目上の人に対するタイ語の敬称)が食べてくださいね。
この時期にみんなの助けになってくれてありがとうございます。
最近「Grab」で食事を注文する人が多いですね。応援しています。
配達完了ボタンを押すのを忘れないで下さいね(^^)(^^)

2:24 PM
マジ感謝!

2:25 PM
がんばってや!

コチラがそのプレゼントされた食事だそうです。

「ケンタッキー」と「ペプシ」。なかなか分かってるオーダーですね!

今や激務と化しているフードデリバリー業界。疲れた身体にこれは嬉しかったでしょうね。「ほんわかハートフル」が溢れかえっています。

まとめ

この記事であげたものはほんの一部です。

動機を疑い始めるとキリがありませんので、実際に行われた善行のみに注目して見倣えるところは見倣っていきたいですね。

自宅待機期間が長引いてストレスが溜まってきていますが、こういうエピソードを聞くだけでもなんだか緊張がほぐれる気がします。

こんな感じでまた「ちょっといい話」があれば記事にしてご紹介していければと思います。

みんなで助け合ってこのコロナ期間を乗り切りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事