ニュース

エストニアで365日有効&90日EU旅行可能「デジタルノマドビザ」の発行がくる!?

投稿日:

いつものタイラボとは違ってタイに直接関係あるネタではないのですが、海外在住者にとって少し興味深い情報をキャッチしましたのでシェアしておきたいと思います。

スポンサーリンク

エストニアで365日有効&90日EU旅行可能「デジタルノマドビザ」の発行がくる!?

そもそも「エストニア」とは?

ウィキペディアで「エストニア」と調べてみると以下のように説明されています。

エストニア共和国(エストニアきょうわこく、エストニア語: Eesti Vabariik)、通称エストニア(エストニア語: Eesti)は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人[2]。首都はタリンである。

引用元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/エストニア

なるほど、北ヨーロッパにある国なんですね。

EU(欧州連合)にも加盟している国なので、27の加盟国(2018年現在)を自由に行き来でき、同じ通貨を使用し商売などもしやすいというメリットを持つ国です。

しかもこのエストニアは「e-residency」というデジタル市民権のような制度を推し進めていることでも注目されており、さまざまな書類手続きの電子化がすでに実用レベルに達している世界でも屈指の「電子立国」として有名です。

では、そのエストニアで「デジタルノマドビザ」が発給されるかもというのがいったいどういうことなのか見ていきましょう。

 

すごいぞ!「デジタルノマドビザ」

まずはこの情報のソースとなるのはこちらのサイト。

http://estonianworld.com

全て英語で書かれた記事ですのでGoogle翻訳にかけると以下のように書かれていました。

エストニアは、デジタル遊牧民が最大365日間エストニアで働くことができるデジタル・ノマド・ビザを導入する予定です。
デジタル・ノマド・ビザは、これらのデジタル遊牧民にシェンゲン・エリアへのアクセスを提供し、90日間他のEU加盟国で旅行することを可能にする。
デジタル遊牧民は、仕事の大部分をオンラインで行う場所に依存しない労働者とみなされます。
デジタル・ノマド・ビザは、過去10年間に構築され、ボーダレス・バンキングやeレジデントなどのイニシアチブを持つ最もデジタル的に先進国の1つになっています。
「エチオピアの内務省の合法移民顧問であるKillu Vantsi氏は、「今日のグローバル化した世界では、人々がより多くの仕事を携え、仕事と旅行を結びつけているという事実を考慮する必要があります。
新しいタイプのビザは、世界中の才能を求めて求職者と企業を結ぶエストニアの会社Jobbaticalと協力して開発されます。
ビザは2019年に発足する可能性が高い。

「デジタル遊牧民(笑)」はいわゆる「ノマドワーカー」のことですね。上の翻訳文でも説明されていますが、要は特定の場所での仕事にとらわれない、多くの場合オンラインでの仕事をしている人たちのことです。

つまりこのタイラボの運営者Nobuも一応ノマドワーカーの端くれだということです。

それはさておきこの「デジタルノマドビザ」がどれほどすごいものかお気づきになられたでしょうか?

365日有効のちゃんとした就労ビザ

90日間他のEU加盟国で旅行することが可能

ノマドワーカーに発給されるビザ

この三つの点だけ見ても今までになかった種類のビザだということがお分かりになると思います。

 

もしこのビザが本当に発給されることになると、エストニアに拠点を置きEU加盟国内でビジネスを展開するのに非常に有用な仕組みを手に入れることになります。

また多くの旅行系ブロガーにとっては涙が出るような新システムかもしれません。

北ヨーロッパを自由に旅しながらその土地ならではの情報を発信してゆくことができ、それをビジネスに繋げやすくなることでしょう。

いやぁー、年々外国人に厳しくなっているタイでは考えられないような新ビザシステムですね。

 

どうやってビザ申請するの?

まだ計画段階でハッキリしたことは言及されていませんが、この新タイプのビザはエストニアの会社「Jobbatical」と協力して開発されていくようです。

調べてみるとこちらの会社は「WORK WHERE YOU’RE HAPPY」というキャッチコピーを掲げ、世界中の才能を求めて求職者と企業を結ぶことを目的とした会社のようですね。

タイラボでも以前に記事にしたことのある「SAGOJO」さんのような会社なのかもしれません。

とりあえず見てみて!すごい旅人求人サイト『SAGOJO(サゴジョー)』【ネットでお仕事】

まりこの仕事はあくまで情報提供だけで記事にしなくても良いということですね。

しかし提供した情報が採用された場合にのみ、それに見合ったリターンが発生するという仕組みなので非常に手軽であると同時に、今メディアが欲している情報を見抜く力も必要となってきそうです

続きを見る

 

少しだけ前述しましたが、このエストニアでは「e-residency」というデジタル市民権のような制度が導入されています。

https://e-resident.gov.ee/

もしこの「デジタルノマドビザ」の発給が実現するとしたら「e-residency」のシステムを使ってのことになる可能性が大です。

ちなみにこの「e-residency」はエストニア在住の人だけでなく、何と世界中の様々な場所に住む外国人もe国民(仮想国民)になれるという、頭の固い日本人の考えの斜め上を行った新システムなんです。

なのでこうした新システムを利用することによって、世界中どこにいても エストニアでビジネスを展開することができるわけなんですね。

ヨーロッパ地方でのスタートアップに関心ある方にはまさに朗報だと言えるでしょう!

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

「エストニアで365日有効&90日EU旅行可能「デジタルノマドビザ」の発行がくる!?」という話題でした。

早ければ2019年に実現するかもしれないということですので、ヨーロッパ方面でのビジネス、もしくは海外生活に関心ある方は今後の進展にアンテナを張っておくと良いかもしれませんね。

もしこの新ビザが実現すると世界中の優秀な人材がエストニアに集まるかもしれません。

私はタイでの生活が大好きなので、少しでもタイでのビザ取得が簡単になることを願っているばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-ニュース
-, , , ,

Translate »

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2018 All Rights Reserved.