タイ生活情報

タイ在住者&旅行者必見!現地情報収集に役立つフリーペーパー総まとめ

投稿日:

いまだ海外旅行先として人気の衰えない「タイ」。バンコクやチェンマイなど人気の観光地を歩いていると日本人を含め多くの外国人を目にします。

最近では日本語の通じるお店や日本語の看板やメニューを置いたお店も増えてきましたが、一歩路地を入ればやはりそこは外国の地で、言葉が通じないという問題が大きな壁として立ちはだかります。

 

でもせっかく来たタイ旅行、悔いの残らないようにしっかり楽しみたいですよね。

そこで助けになってくれるのがタイ在住日本人のために発行されているフリーペーパーです。実際にタイでは現地の情報をキャッチするのに役立つフリーの情報誌が数多く出版されています。

今日のタイラボではタイの街角で手に入るフリーペーパーをまとめて紹介し記事にしておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

タイ在住者&旅行者必見!現地情報収集に役立つフリーペーパー総まとめ

「WISE」

画像提供元:http://www.wisebk.com/

発行部数

毎週32,000部

発行頻度

毎週水曜日

入手先

フジスーパー、紀伊國屋書店、日本料理店など

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://www.wisebk.com/

https://www.facebook.com/weeklywise

おすすめポイント

日本では報道されないタイの政治経済からローカル情報をお届け。ネット上で日本語では調べづらいイベントやお買物情報が充実しています。

150店を超える日本料理店の広告、旅行中に日本料理が恋しくなったらぜひこの「WISE」を思い出してください。

 

 

「DACO」

引用元:http://www.daco.co.th/information/37803/

発行部数

24,000部(48,000部/月)

発行頻度

毎月2回、5日と20日発行

入手先

フリーマガジン「DACO」は、毎月5日・20日に下記の書店・ショッピングセンター・スーパーマーケット・小売店・飲食店などで無料配布中です。

書店:紀伊國屋書店バンコク店・泰文堂書店・東京堂書店・サンブックス・D.D.BOOKS、ブックオブワールド等

ショッピングセンター:伊勢丹バンコク支店、ゲートウェイエカマイ、レインヒル、ゲイソン等

スーパーマーケット:フジスーパー1号店~4号店の各店舗に置いています。

各種レストラン:日本食レストラン・居酒屋を中心に、中華・欧米料理店に置いています。

スパ・エステ:アジアンハーブアソシエーション・バニラスパ・J-SEITAI・ルアムルディー・ラディエンス等

サービスアパート:ケープハウス・センターポイント・マリオットエグゼクティブサービスアパート等

旅行代理店:HIS パンダトラベル、SMIトラベル、KMTタイランド、さくらホリディ、Kライントラベル等

語学学校:TLS、ラングリッジエキスプレス、スクムビットタイ語学校、AAAランゲージセンター、ボイスホビークラブ等

大型私立病院:バンコクホスピタル、BNHホスピタル、サミティベートホスピタル、ラマ9世病院、等

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://www.daco.co.th/

https://www.facebook.com/dacojapan/

おすすめポイント

バンコクのフリーペーパーとして有名な「DACO」。タイでの毎日を楽しくしてくれる、色とりどりの実際に役立つ情報が発信されています。

誌内で掲載されている魅力的な各種コラムも必見です。

 

 

「WOM Bangkok」

引用元:https://www.wom-bangkok.com/wp-content/uploads/2017/11/Cover118_1.jpg

発行部数

創刊:2008年

発行部数:20,000部

サイズ:A5フルカラー

発行頻度

毎月28日発行

入手先

伊勢丹、日系書店、フジスーパー、総合病院、ショッピングセンター、カフェ・レストランなど都内200ヶ所

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

PDF版ダウンロード:https://www.wom-bangkok.com/pdf/

web:https://www.wom-bangkok.com/

FB:https://www.facebook.com/wombangkok

おすすめポイント

在タイ日本人女性をターゲットとしたタイ最古のフリーペーパーです。

美容・教育・リゾート情報・おしゃれなカフェなどのコンテンツと、掲載写真の美しさに定評があります。

 

 

「WOM Japan」

上記の「WOM Bangkok」を発行・運営しているメディアプレストさんは姉妹誌として、タイ人向けの「WOM Japan」を発行しておられるようです。

引用元:https://www.womjapan.com/volume/vol6/

発行部数

創刊:2017年

発行部数:30,000部

サイズ:A5フルカラー

発行頻度

発行日:奇数月20日発行

入手先

タイ人富裕層への郵送、都内スーパーマーケット、コンビニ、書店、飲食店、美容院、カフェ、旅行会社、日本語学校、オフィスビルなど約200箇所

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

web:https://www.womjapan.com/

FB:https://www.facebook.com/WOMJAPANzine/

おすすめポイント

こちらは、バンコク在住で日本文化に関心のある比較的所得の高いタイ人がターゲットとなっています。

日本のプロダクトやトレンド、ビューティ・ファッション、観光、グルメなどについて取り上げています。

 

スポンサーリンク




 

「月刊U-MACHINE」

画像提供元:http://u-machine.net/index.html

発行部数など

2004年1月創刊

11,000部(内定期購読者5,000部)

発行頻度

毎月1日発行の日本語工業情報誌

入手先

バンコク(日系書店、レストラン、ホテル)、シーラチャー市内

工業団地周辺(ロジャナ工業団地、ナワナコン工業団地、アマタナコン工業団地、ピントン工業団地、304工業団地、イースタンシーボード工業団地)

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

URL

http://u-machine.net/index.html

広告のお問い合わせ

http://u-machine.net/about/form/index3.php

おすすめポイント

読者層を機械商社、製造業関係者、工業団地で勤務の日本人、工場経営者などに絞り、機械、工具、レンタル工場など、製造業関係者に向けた情報を発信しています。

 

《記事例》

  • 元日刊工業新聞記者 松田健氏によるアジア各国の現地リポート
  • タイ企業動向 小堀晋一氏
  • 企業のための基礎情報 タイ版会計・税務・法務  小出達也氏
  • 泰日工業大学 ものづくりの教育現場から  吉原秀男氏
  • タイ関連自動車産業ニュース
  • 中古工作機械カタログ
  • 工業団地マップ
  • 日経新聞提供、アセアン製造業関連ニュース

 

 

「ArayZ」

引用元:http://www.arayz.com/arayzdecember72/

発行部数

20,000部

発行頻度

月刊

入手先

「入手場所」バンコク都内の日系書店(紀伊國屋書店、東京堂書店)、スーパーマーケット(フジ  スーパー全店、マックスバリュ)、サービスアパートメント、ホテル、レジデンス、 バンコク都内・近郊の飲食店などで配布 

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://www.arayz.com/

https://www.facebook.com/ArayZ.Bangkok/

「広告掲載などお問い合わせ先」gdm-info@gdm-asia.com

おすすめポイント

タイ、アセアン域のビジネス・経済・金融・会計・法務・経営戦略などオリジナル記事が満載の経済情報誌。

 

 

「タイ自由ランド」

引用元:https://jiyuland9.com/jiyuland/kakonoshimenkara/459-naa1.gif

発行部数

15,000部

発行頻度

5日と20日の月2回発行

入手先

スクムビット、シーロム界隈の日本料理店、サービスアパート、フジスーパー、紀伊国屋など

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

https://jiyuland.com/

https://www.facebook.com/jiyuland555/

おすすめポイント

「会社設立代行」や「労働許可証取得代行」、アロエベラの販売、バンコクの各種レストランを紹介など多岐にわたるサービスを展開しています。

 

 

「バンコクライフ」

引用元:http://bangkoklife.jp/

発行部数

不明

発行頻度

毎月1日と15日発行

入手先

スクンビット、シーロム周辺

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://bangkoklife.jp/

おすすめポイント

タイでの会社設立やビザ取得に関してのかなり詳しい情報が得られます。

 

スポンサーリンク




 

nico labo

引用元:http://nico2-labo.com/advertising/

発行部数

20,000部~

発行頻度

月刊誌/毎月1日発行

入手先

主な配達地域:バンコク/シーラチャー/チェンマイ(予定)

病院(産科、小児科、歯科)/幼稚園、保育園/コンドミニアム、サービスアパート/美容院/日系スーパーマーケット/カフェ/本屋/カルチャースクール/デパート/レストラン/塾、など

個人宅向けメンバー郵送(試験運用中)/企業の人事総務部向け郵送

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://nico2-labo.com/

https://www.facebook.com/nico2labo/

おすすめポイント

妊娠中、もしくは0歳~15歳の子供を持ち、日本語での子育てに従事するタイ在住のお母さんとお父さん、および、その予備グループを読者層に絞った「子育て世代特化型」フリーペーパーです。

 

 

「Bangkok madam」

引用元:https://www.bangkokmadam.net/backno/148/books/images/2/2.jpg

発行部数

不明

発行頻度

毎月5日

入手先

無料自宅配送(会員限定)、フジスーパー(1~4号店)、マックスバリュー(エカマイ、トンロー、シーロムなど)、サミティベート病院、バムルンラード病院、バンコク病院、東京堂書店、ブック・オブ・ワールド、紀伊国屋書店、味道楽、フジオ、黒田、マイキッチン、ラ・プレグリル、シェラトングランデ・スクンビット、クラブメッド、マリオット・ホテル、アジア・ハーブ・アソシエーション・オアシス・スパ、nyc、バンラック幼稚園、バンコク幼稚園、アメリカン・スクールオブ・バンコク、タイムズスクエアー、タニヤプラザビル、バンコク・パタヤ病院、サミティベート・シラチャ病院、ホースシュー・ポイント、たんぽぽ幼稚園、オイスカ幼稚園等

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

https://www.bangkokmadam.net/index.html

https://www.facebook.com/bangkokmadam/

おすすめポイント

バンコク在住の女性(主に駐在妻)をターゲットに、駐在生活をより楽しく充実したものにするための日本語による無料情報誌です。

 

 

freecopy map Bangkok(フリコピ)

引用元:https://www.facebook.com/furicopi/photos/a.204627112883669.55379.192138444132536/1766321566714208/?type=1&theater

 

発行部数

不明

発行頻度

毎月15日発行

入手先

タイ国内
バンコク版
フジスーパー、東京堂書店、紀伊國屋書店、ブックオブワールド等の日系書店、H.I.S.バンコク支店、スパ、レストランなどの店頭、エアポートリンク(SARL)パヤタイ駅およびスワンナプーム駅など

日本国内
タイ国政府観光庁(TAT)事務所、アジア文庫(神保町)、BOOK246(青山)、東京都内のタイレストランなど

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://www.freecopymap.com/

https://www.facebook.com/furicopi/

 

アプリ:

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%94-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%AF-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%A4%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id720516870?mt=8

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lcocreation.freecopymap&hl=ja

おすすめポイント

フリコピは2005年、タイ北部のチェンマイで産声をあげたフリーペーパーです。2011年バンコク版が登場してより多くの方にご覧いただける様になりました。

お手ごろ価格で美味しいランチから、ちょっと一息するのにちょうどいいカフェ。重要課題の美容院選びや、プレゼント選びに最適な雑貨屋さんまで、バンコクで暮らす女性にとってなくてはならない情報がいっぱい詰まってます。

引用元:http://www.freecopymap.com/about/

「スマホ対応アプリ」があるのもおすすめポイントですね。

 

 

「バンめし」

引用元:https://www.facebook.com/Bangmeshi/photos/a.1502842479978461.1073741825.1502840186645357/1958875604375144/?type=1&theater

発行部数

30,000部

発行頻度

毎月1日

入手先

無料配送あり

http://www.bangmeshi.com/about/

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://www.bangmeshi.com/

https://www.facebook.com/pg/Bangmeshi/

おすすめポイント

”バンコクの晩めしシーン” に特化した駐在員向け情報誌『バンめし』。会社に、車に、カバンに、1冊入れておけばみんなで広げて使えます。

今日の晩御飯から接待、会食と様々なシーンでのお店選びに役立ちます。

 

 

「Arche+」

引用元:https://www.facebook.com/archeplus/

発行部数

不明

発行頻度

おそらく月1発行

入手先

スクンビット周辺

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://www.archeplus.com/

https://www.facebook.com/archeplus/

おすすめポイント

キレイな表紙写真が特徴的なフリーペーパーです。猫特集なども組まれていて見ているだけでも楽しめます。ついついバックナンバーも集めたくなってしまいますね。

 

 

ばんこくguide

引用元:https://www.facebook.com/BangkokGuideJP/

発行部数

不明

発行頻度

月に一度の発行

入手先

〈配布場所〉BTS駅構内スタンド(サイアム、チットロム、サラデーン)、紀伊国屋書店、フジスーパー、ホテルなど

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

https://www.bkkguide-jp.com/

https://www.facebook.com/BangkokGuideJP/

おすすめポイント

日本語無料情報紙「ばんこくガイド」 。レストラン、ショップ、スパなど、バンコクの最新情報を紹介。

 

 

「Info Biz THAILAND」

引用元:http://infobizthailand.net/backnumber/239.html

発行部数

15,000部

発行頻度

毎月15日

入手先

約10,000部を各工業団地内、バンコク及びバンコク近郊にある日系企業(個人名)等にダイレクトメールで、約5,000部をバンコク内日系書店、コンドミニアム、スワンナプーム空港内タイ航空ラウンジ等に設置。

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://infobizthailand.net/index.php

おすすめポイント

日系企業とタイで働く日本人のための「ビジネス情報特化型」フリーペーパーです。時折プレゼント企画なども行なっています。

 

 

「CHAO」

発行部数

不明

発行頻度

毎月 10日と25日発行

入手先

下記URL先に詳しく記載されています。

http://www.chaocnx.com/access.html

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

http://www.chaocnx.com/

https://www.facebook.com/chao.chiangmai/

おすすめポイント

北タイの文化、風習、食、歴史、観光名所、気になる店などを紹介する読み応えたっぷりのフリーコピー情報誌。チェンマイから発信。タイと日本の文化交流を目的としています。

 

 

「FNAマガジン」

発行部数

3万部

発行頻度

年6回(2月、4月、6月、8月、10月、12月)発行

入手先

タイでの利用企業数No.1を誇る日本語メディア「NNA]のネットワークを活かし、約5000社の日系企業へ直接配送します。

ウェブサイト、広告のお問い合わせなど

https://www.factorynetasia.com/

https://www.facebook.com/fnathai/

おすすめポイント

タイと中国で発刊されている「製造業ビジネス特化型」フリーペーパーです。

 

 

その他のフリーペーパー

他にも「バンコク週報」や「newsclip」といった大手情報サイトもフリーペーパーを発行しています。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

みなさんがご覧になったことのあるフリーペーパーはありましたか?

バンコクやチェンマイといった大都市近辺だけでこれほどのフリーペーパーが存在しますので、もっとローカル地方で発行されているものを含めるとすごい数になるかもしれませんね。

自薦他薦は問いませんので、もし「ぜひとも知ってもらいたい」というタイ情報フリーペーパー&メディアがありましたら、ぜひタイラボで紹介させてください。

お問い合わせフォームからご連絡いただけるならこの記事内に追加するという形でご紹介させていただければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-タイ生活情報
-, ,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.