ニュース

「日本からの出国税」徴収が2019年からスタート タイの出国税は?

投稿日:

「日本からの出国税」徴収が2019年からスタート タイの出国税は?

日本からの出国税

先日ネット上で以下のような情報を見つけました。

 観光庁と財務省は日本を出国する旅行客らを対象に、1人あたり1000円の出国税を徴収する調整に入った。訪日外国人観光客らのほか、観光や仕事目的で海外に出国する日本人も含め、徴税対象は年間4000万人を想定。毎年400億円の財源を確保し、文化財や自然を生かした観光拠点整備などに充てる。2019年度の導入を想定するが、負担増で観光の冷や水になりかねないと懸念する声もある。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22799480X21C17A0MM8000/

 

この情報は「Yahoo!ニュース」などでも取り上げられており、頻繁に海外旅行や出張へ出かける人にとっては関心度の高いものとなっているかもしれません。

日本を出国するすべての旅行者(日本人外国人共に)を対象に、航空チケット料金の中に含まれる形でこの出国税が徴収されるようになるそうです。

 

日本ではあまり耳にすることがなかったかもしれませんが、「出国税」という制度を取り入れている国は世界にも多くあり、例えばオーストラリアでは一人当たり約5000円、日本のお隣の韓国では約1000円の出国税が課されているようです。

 

まだ1000円ぐらいならいいですが5000円となるとバカにならない出費になりますね。もし家族4人でオーストラリアへ旅行に行くとなると、オーストラリアから出国する際に約20000円を追加で支払わなければならないというかなり手痛い出費になってきます。

 

 

タイからの出国税

ではタイはどうなのでしょうか?

調べてみるとタイの国際線航空チケット料金の中に「空港利用料」という形で700バーツが徴収されるようになっているようです。

この700バーツがいわゆる出国税(departure tax)に該当するようです。確かにインターネット上で航空券を購入する際に、購入手続きを進めていくとチケット単体の料金から急に値段が跳ね上がる段階がありますよね。そこで徴収されていたのがタイの出国税だったというわけです。

 

日本の出国税が1000円であるのに対し、比較的に物価の安いタイで700バーツ(約2400円)というのは少し高い気がします。タイで700バーツあれば相当美味しいものが食べられますよね。

もちろん「空港利用料」ということですので出国税以外の要素も含まれているのかもしれません。

 

 

出国税の影響

さて、もし2019年にこの日本出国時の1000円税金徴収が本当に導入されるようになると一体どんな影響があるのでしょうか?

多くのメディアでは負担額の増加で観光業界への悪影響があるのではないかと懸念されています。

 

しかし「海外旅行に行こう!」という人が、たかだか1000円ぐらいの追加出費で「やっぱりやめとこう…」とはならない気がするのですが。皆さんはどう思われるでしょうか?

まぁ確かに1000円あれば空港内で1食ぐらい食べれますし、これまで無かったものが徴収されるようになるわけですから、もったいないと言えばもったいないような気もします。

 

しかしもし将来的にこの税金の値段が増えていくなら考えものかもしれませんね。

オーストラリアのように「日本からの出国税一人あたり5000円へ増税」というニュースが聞こえてこないことを願うばかりです。

 

以上、【「日本からの出国税」徴収が2019年からスタート タイの出国税は?】というニュースをお届けしました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-ニュース
-

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.