タイラボおすすめ記事
ヤンゴン市内にある安くて美味しい本格インド料理店「Nilar Biryani 」

島国の日本ではあまり見ないことかもしれませんが、陸続きでいくつかの国と面しているところでは複数の異文化が上手に共存しているのを見ることがあります。

特に食文化などはそこに住む人達の文化が色濃く出ていて面白く感じます。

ミャンマーのヤンゴン市内ではインド系の人たちを多く見かけます。それで当然の事として、町の中でたくさんの「インド料理屋さん」も見かけます。

この記事ではヤンゴン市内でかなりの繁盛していた「Nilar Biryani 」というインド料理のお店をご紹介したいと思います。

ヤンゴン市内にある安くて美味しい本格インド料理店「Nilar Biryani 」

ロケーション

Nilar Biryani 」…「ニラ― ビリヤニ?」何と読むのかは分かりませんが、このお店があるのはこちら。

ヤンゴンの有名な建造物の一つ「スーレーパゴダ」から北に一区画行ったところにあります。

ヤンゴン市内でも一番人通りの多いところで、日本円から両替可能な「White Bay」の近くです。

 

外観、内装

お店の外観はこんな感じです。

黄色い看板が目印で、インド料理メニューが写真付きで紹介されています。

お店は三階建てで一階部分に調理スペースといくつかのテーブル席があり、二階と三階もテーブル席が配置されています。

三階は個室のような造りになっていたと思います。別料金が発生する可能性もありますのでご注意を。

 

メニュー

こちらがお店のメニューです。けっこう豊富ですね。

 

英語表記で料金がはっきりと記載されていますので安心ですね。

わたしがヤンゴンに行った時(2019/06)のレートでだいたい「1300チャット=100円」ぐらいでした。

お店の名前にも含まれている看板メニュー「ビリヤニ」だと約250円ぐらいで食べれることになります。

ヤンゴンの一等地にあるお店のクーラーが効いた部屋で本格インド料理を食べて300円いかない…日本と比べると本当に安いですね。

 

食べてみた!

わたしが頼んだのがこちら。

チキンビリヤニ:3000チャット

うちの奥さんが頼んだのがこちらです。

マトンビリヤニ:3700チャット

お店に行ったのがお昼時を過ぎていたのでかもしれませんが、いくつかのメニューが売り切れていたので超ベターなセレクトとなりました。

でもやっぱり最初はこういう基本的な料理からですよね!

「ビリヤニって?」
ビリヤニ、ビリヤーニーは、インド亜大陸のムスリムにその起源を持つ混ぜご飯料理である。スパイスと米、肉、魚、卵や野菜などから作る米料理である。同じ米料理であるプラオとビリヤニとの違いは、プラオは生の米から炊き込むのに対して、ビリヤニは米とカレーを別々に作る点にある。
引用元:ウィキペディア

お味は?といいますと、カレー風味のスパイスが効いたパラパラのお米は日本人でも抵抗なく食べられるでしょう。上に乗っている具材もしっかり味付けされています。

カレーピラフにもっとスパイスを効かした感じでとても美味しくいただけました。

ピクルスのような付け合わせが出てきますし、卓上には追加できる調味料なども数種類備え付けられています。

上の写真は揚げたニンニクのチップです。少し加えると香ばしさがアップします。

他にも酢漬けの唐辛子ペーストのようなものもあり、周りの人はみなそれを混ぜ込んで食べていました。

わたしも味見してみましたが、なんだか「梅干し」のような味がして美味しかったです。

まずはプレーンな状態で食べてみてから、少し違った風味をプラスして同じ料理を二度楽しめるようになっています。

 

あの「世界一甘いお菓子」も食べれる!

メニューの中にあったこんなデザートも頼んでみました。

世界一甘いお菓子」ともいわれる「グラブジャムン」

ピンポン玉サイズのものが二個入りで1200チャット/100円弱です。

日本でも缶詰入りのものをAmazonなどで買えますが、せっかく本場のものを食べれるんですからここはトライしておくべきでしょう。

【インド料理】 クラブジャムン Gulab Jamn(1kg)【Haldirams】 / グラブジャムン スイーツ お菓子 Hardiram(ハルディラム) ピクルス 缶詰 ビン詰 アチャール エスニック アジアン 食品 食材 食器

created by Rinker

 

お味は?…

Nobu
ぐおぉぉぉ!甘まままままーい!!

 

なんてリアクションを用意していたんですが、まぁ意外とイケルイケル。

もちろんすごく甘いのですが、温かい状態で提供されているからか意外と食べれてしまいます。ホットミルクと一緒に食べたくなるお味。

でもまぁ一人2個が限界かとは思います。個人的には1個でも「食後の甘味」としては大満足って感じでした。

でも決して不味くなく、どちらかというと美味しいのでぜひトライしてもらいたいと思います。

 

お水は卓上にあるペットボトルのものを購入する必要があります。

その他の不明なサービス料金が取られることもなく食べた分だけの明瞭会計でした。

料理やお店の様子などはこちらの動画からどうぞ!

まとめ

ヤンゴン市内にある安くて美味しい本格インド料理店「Nilar Biryani 」のご紹介でした。

お店はまさにヤンゴン市街地の中心に位置しており、近くには大きなショッピングモールもあります。

衛生面を気にしてローカルのお店では食べないという人もいるかとは思いますが、このお店は衛生面でもかなり整っているほうだと思います。

なによりも、本格インド料理&デザートが格安で食べれてしまうのが魅力ですよね。

ぜひヤンゴンにお越しの際には「Nilar Biryani 」に立ち寄ってみてください。

ホテル予約はもうお済みですか?
お得で簡単なホテル選びはこちらから是非どうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事