タイ生活情報 旅行

タイ主要LCC5社の「チェックイン規約」「無料機内持ち込み荷物」まとめ

投稿日:

タイ国内での移動にLCC(ローコストキャリア)つまり格安航空会社を使う方も多いでしょう。

このLCC、航空券料金をできるだけ安く抑える代わりにフライトに関する各種サービスがカットされている仕組みとなっています。

機内でのサービスはもちろん、予約変更やチェックイン時のサービスなども一般的な航空会社の基準とはかなり違ってきており、他の会社では幾らか融通が利く部分もLCCだと全く話にもならないということがよくあります。

今回のタイラボでは、タイ国内で運行している主要LCC5社のチェックイン締め切り時間や機内持ち込み無料手荷物の情報などを一目でわかるようまとめておきたいと思います。記事としてまとめるのはタイ国内線での料金や規約となります。

スポンサーリンク

 

タイ主要LCC5社の「チェックイン規約」「無料機内持ち込み荷物」まとめ

NOK AIR:ノックエアー

「黄色い鳥」が目印のLCCです。

https://www.nokair.com/nokconnext/aspx/Index.aspx

 

ローカルの空港でも一日に運行する便数が多く、朝早い時間帯の便が多いのもこの航空会社の特徴かと思います。

チェックイン開始時刻 チェックイン締め切り時間 無料手荷物重量上限

空港カウンター:出発2時間前
ウェブチェックイン:出発24時間前

空港カウンター、ウェブチェックイン:出発45分前 7kg

各種情報は以下のページから確認できます。

チェックインに関する規約:https://www.nokair.com/content/en/journey-planning/how-to-check-in/airport-check-in.aspx

無料&有料受託荷物に関する規約:https://www.nokair.com/content/en/journey-planning/baggage-information.aspx

 

AIR ASIA:エアアジア

赤い機体がトレードマークのLCCですね。国際線も飛んでおり日本ータイ間のフライトに利用する方も多いのではないでしょうか。

https://www.airasia.com/jp/ja/home.page

 

タイ国内で運行している機体が比較的新しいというイメージがあります。「整備が行き届いていて清潔」大切なことですね。

チェックイン開始時間 チェックイン締め切り時間 無料手荷物重量上限

空港カウンター:出発2時間前
ウェブチェックイン:出発14日前

空港カウンター:出発45分前
ウェブチェックイン:60分前(AirAsia X flights は4時間前) 
 7kg

チェックインに関する規約:https://www.airasia.com/th/en/check-ins/counter.page https://www.airasia.com/th/en/check-ins/web-and-mobile-web.page

無料&有料受託荷物に関する規約:https://www.airasia.com/th/en/baggage-info/cabin-baggage.page

 

THAI SMILE:タイスマイル

タイ国際航空が運営するLCCです。

https://www.thaismileair.com/

 

私はまだ使ったことのないLCCですが、最近は地方都市の空港でもよく目にします。

 チェックイン開始時間  チェックイン締め切り時間  無料手荷物重量上限

空港カウンター: 出発2時間前
ウェブチェックイン:出発24時間前

空港カウンター:出発45分前
ウェブチェックイン:出発2時間前 

7kg 

チェックインに関する規約:https://www.thaismileair.com/en/faq/thaismile

無料&有料受託荷物に関する規約:https://www.thaismileair.com/en/BaggagePolicy

 

 

LION AIR:ライオンエアー

「ライオン エアー」という格安航空会社です。

http://www.lionair.co.id/

 

こちらも個人的には使ったことのないLCCです。近くの空港で見てみるとエアアジアやノックエアーほど便数は多くありませんが、代わりにライオンエアーは朝の早い時間から運行しているのが見て取れました。

チェックイン開始時間 チェックイン締め切り時間  無料手荷物重量上限

空港カウンター:出発2時間前
ウェブチェックイン: 出発24時間前

空港カウンター:出発45分前
ウェブチェックイン:出発4時間前 

7kg  

チェックインに関する規約:https://www.lionairthai.com/en/Terms-And-Conditions

無料&有料受託荷物に関する規約:http://www.lionairthai.com/en/ThaiLionAir-Experience/Baggage-Allowance

ライオンエアーの魅力の1つとしてLCCなのにタイ国内線15kgの受託荷物が無料となっています。すごいですね。

 

 

SCOOT:スクート

「スクート」シンガポールに拠点を置く格安航空会社です。

http://www.flyscoot.com/jp/

 

最近は日本でもよく名前を聞くようになったLCCですね。

チェックイン開始時間 チェックイン締め切り時間  無料手荷物重量上限

 空港カウンター:出発3時間前
ウェブチェックイン:出発72時間前

空港カウンター:出発1時間前
ウェブチェックイン:出発1時間前 
7Kg(PC等を含めて 10kg)

チェックインに関する規約:https://fly-scoot.com/en/scoot-all-the-way/at-the-airport/check-in/ https://makeabooking.flyscoot.com/checkin

無料&有料受託荷物に関する規約:http://www.flyscoot.com/en/fly-scoot/before-you-fly/baggage?utm_source=google&utm_medium=search&utm_campaign=th-ao&gclid=CjwKCAjwxo3OBRBpEiwAS7X62RsUaOw676WSF_JcDkqbE6CfGNlGIeLvfCtmpWJj3_CWX6JXnHXZYhoCHhkQAvD_BwE&dclid=CJ3fwNfEttYCFQ4dvAodAY4PvQ

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事でご紹介したのはタイ国内でのフライトに関する情報です。国際線となるといくらか変わってきますのでご注意ください。

LCC(格安航空会社)は値段が安い分、融通がきかないということが多々あります。特にチェックイン時間への遅れや手荷物の重量超過などは気をつけたいところです。

 

この記事を参考にぜひ賢くタイ国内LCCをご利用なさってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-タイ生活情報, 旅行
-, ,

Translate »

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2018 All Rights Reserved.