タイ語

【いつでもスマートに】トラブル時に使えるタイ語5選

投稿日:

異文化コミュニケーションには多くの魅力的なポイントがあるのと同時に、幾らかのデメリットとも言えるものがあるかもしれません。

例えば、何かトラブルが起こったっときにうまくこちらの意思を伝えられなかったり、覚えた外国語内の表現ではあまりに言葉がとげとげしかったりするかもしれません。そ俺が原因で問題が悪化することもあるかもしれませんね。

今日のタイラボではトラブル時に使えるタイ語を厳選して5つご紹介したいと思います。どれも品位ある丁寧な言葉を意識していますのでトラブルを収めるのに役立つことでしょう。

スポンサーリンク

 

【いつでもスマートに】トラブル時に使えるタイ語5選

「何が起きたか説明してもらってもいいですか?」

いきなり慌てたり、感情を荒げてもまず物事は良い方向には進みません。まずはトラブルの原因を突き止めましょう。

次のように言えます。

 

ขอช่วยอธิบายหน่อยว่าเกิดอะไรขึ้น?:コー チュワイ アティバーイ ノーイ ワー グー(ト) アライ クン?」

 

何が起きたか少し説明してもらってもいいですか?」という意味のタイ語です。

相手のあるトラブル時は向こうも慌てていることが多いでしょう。こちらの言い分を矢継ぎ早に投げつけるより、まずは相手の言い分を聞いてあげるならトラブル拡大を防げるかもしれません。

 

「少し座って話せますか?」

興奮していると物事はうまくいかないものです。まずは一呼吸つき、冷静に落ち着いて話せる状況を作りだしましょう。

次のように言えます。

 

ขอนั่งคุยสั้นๆได้ไหม?:コー ナン クイ サンサン ダイマイ?」

 

「座って、少し話せますか?」といった意味のタイ語です。タイに限らず多くの国で落ち着いて話をするにはまず座ってからというイメージがあるかもしれません。

特にタイでは目上の人より高い位置で話すことはマナー違反となっていますので、お互い座って話すならその点でも良い効果があるでしょう。

 

「冷静になる」という意味ではใจเย็นๆ:ジャイ イェン イェン」というタイ語もあります。しかしこの言葉は言われた側からするとちょっとイラっとくる言葉のような気がします。

日本語で言うところの「落ち着いて」というニュアンスなのですが、トラブル時に言われてあまり嬉しい言葉ではないですよね。言い方によっては少し小馬鹿にしたニュアンスを与えてしまいかねない言葉ですので注意深く使いましょう。

 

むしろ先ほどのขอนั่งคุยสั้นๆได้ไหม?:コー ナン クイ サンサン ダイマイ?」を使った方がよりスマートかもしれません。

もちろんどこにも座れるものがない状況や、明らかに座るのが難しかったり、不自然な状況では使えません。

というか使ったら「何言ってんだ?」という目で見られてしまうでしょう。まぁそれはそれで空気が和むかもしれませんが。

 

 

「もう一度調べてもらっていいですか?」

さて、相手の言い分を聞き、落ち着いて話せる状況を作り出せたなら次はこちらの言い分も伝えましょう。

その際にどうも腑に落ちない点やハッキリしない点が出てくるかもしれません。そんな時は次のように言えるでしょう。

 

ขอช่วยตรวจดูอีกครั้งหนึ่งได้ไหม?:コー チュワイ トルワッドゥー イークランヌン ダイマイ?」

 

「もう一度チェックして(調べて)もらってもいいですか?」という意味のタイ語です。

ホテルや空港のチェックイン時、買い物時や書類確認時など、いろんな状況で使うことのできる言葉ですね。

もし可能なら「どうチェックして欲しいか」を言い含めるなら、よりトラブル改善&解消に効果的でしょう。

 

 

「責任者と話せますか?」

時には対面し話ている人ではどうにもならない時があります。内容によっては責任者と話すべき事柄というのもありますね。

そんな時はこう言いましょう。

 

ขอคุยกับผู้จัดการได้ไหม?:コー クイ ガッ(プ) プージャッガーン ダイマイ」

 

「責任者と話せますか?」という意味のタイ語です。少し攻めの言葉ですのでふさわしい状況で、ふさわしい声のトーンで使いましょう。

もちろんこう言ったからにはある程度自分の言いたい事を伝えられる準備をしておきましょう。責任者を呼び出したものの何も喋れないでは文字通り話になりませんね。

この言葉はビジネスシーンなどでも使うことができるでしょう。営業などでお店に出向いた際などに、従業員と話すべきでないこともあるでしょう。そういった際にこのタイ語を使ってしかるべき立場の人に繋いでもらうことができます。

 

 

「それで私はどう(何を)すればいいですか?」

ある程度トラブルの解決方向が見えてきた時に使える言葉です。

次のように言えます。

 

แล้วเราจะทำอย่างไรดี?:レーオ ラオ ジャ タム ヤングライ ディー?」

 

「それで、私はどう(何を)すればいいんですか?」といった意味の言葉です。解決策を積極的に探っていく言葉ですね。

 

逆に「それであなたはどうするんですか?」と聞く場合は、先ほどの文を少し変えて次のように言えます。

 

แล้วคุณจะทำอย่างไร?:レーオ クン ジャ タム ヤングライ ?」

 

それで明確な答えが返ってくるといいですね。「私はどうすればいいんですか?」と返ってきそうな気もします 笑

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

トラブル時に使えそうなタイ語を厳選して5つご紹介しました。

どれもスマートで品位ある丁寧な言葉なのでいろんな状況で使えると思います。「ใจเย็นๆ:ジャイ イェン イェン」はあまりシリアスな場面では使わなくてもいいかもしれませんが...

こんな記事を書いておいてなんですが、時には言葉より「顔の表情」や「声のトーン」がものを言う時があります。どうぞその辺りも気に留めてこの記事にあるタイ語を使ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-タイ語
-,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.