タイラボおすすめ記事
【君、あなた】タイ語の「二人称」まとめ

前回はタイ語における「一人称」について書いたので、今回は色々な言い方がある「二人称」について書いていきたいと思います。

【君、あなた】タイ語の「二人称」まとめ

タイ語で「二人称」って?

「二人称」 をタイ語では次のように言います。

สรรพนามบุรุษที่สอง:サッp パ ナーm ブルt ティー ソーンg」

 

この点は前回の記事でも説明していますので、ここはさらっといきたいと思います。

ではさっそく「あなた」「君」 など相手を指して使う言葉をタイ語で何と言うのか見ていきましょう。

 

最高敬語

まずは最高敬語(天皇、皇族、外国の国王、王族に対して使う)における二人称です。

タイ語には次のような表現があります。

พระองค์ท่าน:プラオンg ターン」

ใต้ฝ่าพระบาท:タイファー プラバーt」

タイでは国王、教皇、仏教僧侶長などの神格化されている人に使う表現となります

 

謙譲語、敬語

下にあげた二つの表現は「謙譲語、敬語」どちらでも使える表現です。

พระคุณเจ้า:プラクン ヂャーオ」

พระคุณท่าน:プラクン ターン」

これらの言葉はタイで政府関係者や公務員関係、僧侶に対して使われています

 

丁寧語

日常生活で一番使う機会が多いのは次の丁寧な表現の二人称でしょう。

ท่าน:ターン」

คุณ:クン」

タイに来たことがある人なら一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

男性女性問わず全ての人に使える表現です。

 

「Mr. Mrs. Miss.」のタイ語表現

他にも次のような表現も広く使われています。

男性に対して「นาย:ナーイ」

英語の「Mr.」と同じ使い方です。名前の前に付けて使います。

《例》「ナーイ Nobu=Mr.Nobu」

 

女性に対して「นาง:ナーンg」

既婚の女性で、英語の「Mrs.」と同じ使い方です。こちらも名前に前に付けて使います。

 

นางสาว:ナーンgサーオ」

若い女性、独身女性で、英語の「Miss.」と同じ使い方です。こちらも名前の前に付けて使います。

これらの表現は一般的に広く使われている言葉で、日本語でいう「あなた」になります。

病院や役所などで名前が呼ばれるときによく使われていますし、個人宅の表札にもこの二人称の後に世帯主の名前が書かれていることが多いです。

まとめ

普段使う分には「คุณ:クン」だけで十分会話は成り立つと思いますが、こういった様々な「二人称」を覚えておくならいざという時に役立つかもしれませんね。

ビジネスシーンを含む公式の場で相応しい表現を使えるなら、タイ人からも一目置かれ良い結果につながるかもしれません。

様々な「タイ語の二人称表現」、覚えておいて是非使ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事