タイラボおすすめ記事

新型コロナの影響によって、現在タイでは多くの人が軟禁生活を続けています。

この機会に自炊を始めたという人も多いかもしれませんね。

Nobu家では常日頃から自炊生活なのですが、先日奥さんが買い置きしていた缶詰を使って素晴らしい一品を作ってくれたのでシェアしておければと思います。

タイでよく売られている「イワシのトマト煮缶」を使って作る、超簡単&激旨「アンチョビ風トマトパスタ」、さっそく作り方を見ていきましょう。

【軟禁メシ】タイで売ってる缶詰で作る!超簡単&激旨「アンチョビ風トマトパスタ」

作り方動画

まずは料理完成動画を見ていただければ、この後に記載するレシピなどのイメージがしやすいかもしれません。

 

材料

ざくっとですが材料はこんな感じです。

アンチョビ風トマトパスタ(二人分)
  • ニンニク:6片ぐらい(お好みで調整)
  • 玉ねぎ:半玉
  • イワシトマト煮缶詰:1缶
  • パスタ:二人分
  • 油、ケチャップ、醤油、コショウ:適量

材料費で言うと…二人分で100円ぐらいでしょうか?。ほとんどが家に常備している食材を調味料や使うので、普段から自炊している人ならもっとお手軽です。

あえて買う必要があるとすれば「イワシのトマト煮缶」ぐらいかもしれませんね。でも今の時期なら備蓄食料としてすでに買ってあるという人も多いかもしれません。

 

作り方

作り方はとても簡単です。

作り方
➀ フライパンに油を敷きスライスしたニンニクを炒め、少しして玉ねぎを加え炒める

➁ ➀がしんなりしてきたらイワシのトマト煮缶を入れ、擦り下ろしたニンニクを加えて炒める

➂ ケチャップ、醤油、コショウを加え味を調える(お好みでチリソースや唐辛子を加えてもOK)

➃ パスタを入れて混ぜ合わせれば出来上がり!

※パスタを茹でる行程は省いています。ソースが出来上がるのに合わせて、少し塩強めで茹でておいてください。

パスタを茹でるのとソース作りをうまく並行してできるなら、だいたい10分ほどで食卓に提供できると思います。

このレシピでポイントとなるのはイワシ缶と一緒に入れる「擦りおろしニンニク」です。

最初に炒めたスライスニンニクとは別にこのタイミングで擦りおろしたニンニクを入れることにより、イワシ缶の魚臭さを抑え旨味を引き立ててくれます。最初から擦りおろしたニンニクを入れると焦げてしまうのでご注意を。

お好みでイワシの身をできるだけ崩さないように調理しても良いかもしれません。うちの奥さんは親の仇かのように潰していましたが…。

まとめ

タイで売ってる缶詰で作る!超簡単&激旨「アンチョビ風トマトパスタ」でした。

簡単なんですけど、これが本当に美味しいんです!

あの缶詰をプレーンな状態で食べるより数倍美味しく感じます。塩気を調整するならもっとアンチョビに近くなるかもしれません。

後日、唐辛子を入れたバージョンも作ってみたのですが、ピリッとスパイシーでそっちの方が個人的には好みでした。

上のレシピで「チリソースを入れても…」と書いていますが、

チリソースなんか常備してないわ!

という人も多いかもしれませんね。

そういう人(タイ在住限定)は以下の記事を読み直してみて下さい。ちなみに我が家のレシピにも使われています。(笑)

簡単ですごく美味しいのでぜひ試してみて下さいね。「タイ軟禁生活飯」におすすめです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事