旅行

【超おすすめ!ラオス土産】リーズナブルで可愛い竹&籠細工が買えるのはここ!

更新日:

ラオスの首都ビエンチャンでは素敵な竹細工を見かけます。生活のあらゆる処にあるような感じがしますね。

「あっ、ここにも、あれ?あそこにも…」という感じで、家具・台所用品の中にありますね。ラオスの生活に溶け込んでいます。

ラオス人に聞くと、ラオス全土で見られるようで、国の伝統工芸みたいなものなのかもしれません。

そこでピン!ときました。

「であれば、お洒落な竹細工の物って結構お安く手に入るはず?」

小さなものであれば、ぜひお土産にも良いかもしれませんね。「思い立ったらなんとやら…」ということで、さっそく情報収集です。

今回は特にラオスの首都「ビエンチャン」で、安く素敵な竹細工商品を買える超ローカルなお店をご紹介します。要チェックですよ!

スポンサードリンク

 

【超おすすめ!ラオス土産】リーズナブルで可愛い竹&籠細工が買えるのはここ!

ラオス・ビエンチャンでおすすめのお店はここ!

ホテルのラオス人従業員に尋ねましたら、「タラットサーオなどで買うと観光客向けだから安くはないよ。ここに行ったら」ということで、さっそく教えてもらった場所に出かけてみることにしました。

 

その教えてくれた場所がこちら。

確かにグーグルマップ上に何の情報もない超ローカルポイントです。

以外にバスターミナルに近いところに位置していますね。3件連続で竹細工卸し屋さんがあるということです。

 

行ってみた

情報通り、教えてもらった場所にあるT字路の角から50m以内に立て続け3軒の竹細工屋がありました。

簡単にレポートします。店舗名まではわかりませんでしたので店舗A,B,Cとさせてください。(どなたか後日行かれた方がいらっしゃいましたら、店名を教えていただけると記事にアップデートしたいと思います)

 

・店舗A 

40代ほどの男性オーナーでした。

綺麗に陳列されていて、見た目よし、一番大きな店舗でした。エクスチェンジ(両替屋)のお店と兼業で竹細工の卸しもされているようです。

 

好きな人にはたまらない商品が並んでいます。商品の陳列もいい感じになされていますね。

 

 

・店舗B 

先ほどの店舗Aと同じ商品がありますが、 陳列に関しては、店舗Aの方が商売っ気がありそうです。

 

 

・店舗C

トタン屋根?の店舗です。かなり小さく、商品陳列は他2店に比べ乱雑感がありました。 ただ、愛想のいいおばさんオーナーです。

 

 

 

選んで、買ってみた

3店舗とも置いてある竹細工商品はほとんど同じでした。

であれば、どこで購入するかは、

  1. 価格
  2. 誠実さや愛嬌(こちらの勝手なフィーリングですが…)

この2つの条件に照らし合わせて決めたいと思います。

 

わたしが目をつけた商品はこちら。

自然な色が気に入りました。

こちらは竹細工ではなく、藤で作られた籠(かご)です。 直径25cmほどで、持ちが良いのと虫が食わないというのがセールスポイントだそうです。

 

では、各店舗の価格はを見比べてみましょう。(※2017年7月現在 1,000キープ ≒ 約13.5円です)

店舗A 60,000キープ

店舗B 50,000キープ

店舗C 50,000キープ

 

上記の2条件に沿わすなら、残念ながらこの時点で店舗Aは脱落となります(お店の雰囲気は良いですけどね)。

では、BかCかということですが、先ほどの「誠実さや愛嬌さ」ということを踏みして 店舗C に決定!

 

どのお店で買うかが決まれば 再度交渉 です。あとはどれほど値下げしてくれるでしょうか?

2個買うので40,000キープまで下げてと交渉しましたが、それはダメのようです(;^ω^)  結局「45,000キープ/個」となりました。 お互い「Win-Win」な関係ということで、顏出し&宣伝決定です。

 

写真撮らせてくださいというと、一生懸命髪の毛のセットをしてくれました。 大変可愛いおばさんです。(あっ名前聞くの忘れた。)

 

 

こちらは可愛らしい竹細工容器2個セットです。 15,000キープ≒約200円

 

このサイズ、お部屋にちょこんとあると可愛いですよね♫

 

では、皆様もラオスで素敵な竹細工との出会いをお楽しみください〜。

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

地元のお土産は一期一会。出会いも同様。売り手も買い手も気持ちの良い買い物をしたいものですね。

ちなみに今回わたしたちが購入した竹細工屋さんは、地図上でポインターがあるT字路の角から少し離れながら続く(50m以内)3軒の竹細工屋さん、その3軒目です。

ビエンチャンに足を運ばれた際には、ぜひ行ってみてくださいね。

ライター:Takumi Miyao

編集:Nobu

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-旅行
-, , , , ,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.