面白体験&あるあるネタ

「シビア」【タイで本当にあった面白体験、あるあるネタ】

投稿日:

 

今日は久々の「タイあるあるマンガ」です。さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「シビア」【タイで本当にあった面白体験、あるあるネタ】

以前に「タイ人の教え方」というタイトルであるあるマンガを掲載したことがりますが、その続きとも言える「あるあるネタ」です。

「タイ人の教え方」【タイで本当にあった面白体験、あるあるネタ】

偶然正しい発音ができる時があるのですが、今までどこが間違っていて今回のどこが改善されたかをよく分かっていないので、結局また間違った発音に戻ってしまうという事態が起こってしまうわけです。まさに「タイ語勉強あるある」です。

続きを見る

 

 

「シビア」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※「マイペンライ」=「かまわない、どうってことない、別に大丈夫、問題ない、結構です」といった広い意味を持つタイ語。Theタイ人性格。

 

 

タイ語が声調言語だということもありタイ人の発音に対するシビアさはなかなかのものです。

日本人にはなじみのない発音なんかだと耳で聞いてそれをそのまま発音することにさえ難しさを感じます。そしてタイ人はその微妙な違いを聞き分けて指摘してくるわけですね。

 

しかしいつもいつもシビアな判定をもらっていると、時にはこちらも同じようにやり返したくなるもの。

そこで覚えておきたいのが、実はタイ人「ツ」「ズ」などの発音が苦手ということ。

おそらくそうした発音を必要とするタイ語が少ないのでしょう。なので「ツ」や「ズ」を含む日本語を言わせようとすると大抵のタイ人はうまく発音できません。

 

そこで今日のあるあるマンガのようなことが起きるわけです。

教える側にいた時は発音に対してあんなにシビアで妥協しない姿勢だったのに、自分が難しく感じる発音に直面するとすぐに「マイペンライ」で逃げてしまいます(笑)

「こっちはタイ語の難しい発音をあんなに頑張ってたのに…」と思ってしまいます。

 

しかも

Ojisan
 別に日本語しゃべる必要ないし… 

みたいな捨て台詞まで吐く始末!(←負けず嫌いの子供によく見られる傾向です。でも大人も結構な割合で…)

 

まぁ結局笑い話になって懸命にタイ語を学んでいるこちらに感情移入してくれるのですが、改めてタイ人のマイペンライ気質と日本人の生真面目な性格の相違を目にすることができます。

 

もしタイ語に関していつもタイ人にやり込められているなら、ちょっとしたお遊びで上の「あるあるネタ」試してみるのもいいかもしれませんね。

でもあまりこちらがゲラゲラ笑うと拗ねてしまうのでご注意を!

以上、「シビア」【タイで本当にあった面白体験、あるあるネタ】でした。

 

スポンサーリンク

 

さて今回の「タイのあるあるマンガ」はいかがだったでしょうか?一人でも「あるある」と同意してくださる方がいると嬉しいです。

もしタイラボをご覧のみなさんの中に「タイで本当にあった面白体験」や「タイあるあるネタ」をお持ちの方がいましたら、ぜひお問い合わせフォームの方から教えていただければと思います。タイラボ専属イラストレーター「ソム王」さんの手によってあなたの体験がこのタイラボで漫画として紹介されるかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-面白体験&あるあるネタ
-, , ,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.