タイ グルメ

揚げたパパイヤサラダ!?一度は食べてほしい「ソムタムトート」はどこで食べれる?

投稿日:

「ソムタム」

日本語で説明すると「青パパイヤのスパイシーサラダ」となんだか野暮ったい名前になってしまいますが、「タイのソウルフード」と呼ばれるほどタイ人の生活に欠かせない料理です。

 

そのソムタムにもさまざまな種類が存在します。

一般的によく売られているのが「タムタイ」と呼ばれる種類で、少し甘めで日本人にも受けの良い味付けです。

 

私の住んでいるイサーン(タイの東北)地方で主に食べられているのは「タムラーオ」という種類で、「パラー(正確にはプラー・ラー)」という魚の発酵したエキスを入れて作る臭旨い系ソムタムです。

ほかにも「タムデーン」とか「タムスア」などいろんな種類のソムタムがあるのですが詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【タイのソウルフード】いろんな種類の【ソムタム】を食べ比べてみよう!

タイ人にとってのソウルフードと言っていいかもしれません。それほどタイ人の生活に密着した料理です。
今回のタイラボではそのソムタムのいくつかの種類についてご紹介したいと思います。これであなたもソムタム通になれるはず!?

続きを見る

 

さてこの記事の本題に入りましょう。

先日ついに「ソムタムトー(ト)」を食べました。

以前から名前は聞いていて食べたい食べたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれずやっとのご対面でした。ということで記事にしておきたいと思います。

ƒスポンサードリンク

揚げたパパイヤサラダ!?一度は食べてほしい「ソムタムトート」はどこで食べれる?

「ソムタムトー(ト)って何?」

ส้มตำทอด:ソムタムトー(ト)」の「ทอด:トー(ト)」には「揚げる」という意味があって、まさにソムタムの揚げ物なんです。

 

けっこう汁気たっぷりのソムタムを揚げるって、いったいどうするの?と思われるかもしれません。

説明するより現物を見ていただいたほうが早いかもしれませんね。

「ソムタムトー(ト)」はこんな感じの食べ物です。

Nobu
ん?かき揚げ?

ですよね。そう思われてもおかしくないルックスです。というか外見も中身もほぼ「かき揚げ」です。

 

説明しますと、ササガキ状に切った青パパイヤに衣をつけて揚げたものを、従来のソムタムを作るときのと同じソースにつけて食べる、これがソムタムトー(ト)の正体です。

なので「揚げる」という工程以外は普通のソムタムと全く同じ材料が使われています。

 

そのお味はというと…

Nobu
!!美味いっ!!

予想を裏切る…というほどではありませんが、いやむしろソムタムからパパイヤを取り出してそれを揚げて…と考えると予想がつく、まさにその味なのですが確かに美味しいです!

甘酸っぱいソムタムソースに油が合うんですね。カリカリに揚げられたパパイヤの触感もいい感じで、一気にお酒のおつまみに昇格します。

 

夢中で食べてしまってその後写真を撮るのを忘れていたので、代わりにYouTube内の動画でイマジネーションを膨らませてください。

 

「ソムタムトー(ト)が食べられるお店」

ローカル店で美味しそうなのを見つけました。

กรอบๆ:グロー(プ)×2」(カリカリもしくはサクサク)してそうでとても美味しそうですね。

バンコクではありませんが同じく人気の観光地パタヤにあるお店のようです。お店の場所はこちら。

でもパタヤも有名ですけどやっぱりバンコクに行く人のほうが多いですよね。

 

「ソムタムトー(ト)が食べられるバンコクのお店」

ということで、バンコクで美味しいソムタムトー(ト)が食べられるお店がないか探してみました。

使ったのは以前にも紹介したことのあるタイの食べログ「wong nai」というサイトです。

タイの食べログ?グルメサイト「wong nai」が使いやすい!

各レストランの紹介ページに移動すると以下の情報が記載されています。

・店の電話番号、住所(地図付き)、営業時間

・駐車場があるか

・クレジットカードが使えるか

・団体向きのお店か

・テイクアウトできるか

・大体の予算

・口コミ、レビュー(写真付き)

お店によって座席数やお店紹介動画も…

続きを見る

Wongnai

無料
(2018.03.12時点)
posted with ポチレバ

 

まずは比較的バンコク中心部に近いバーンラック地区にあるこちらのお店。店舗紹介ページ

 

いきなりですが超ローカル店です。店の名前も地図上にはないので下の写真を頼りにしてください。

赤丸で囲んだ部分に確かに「ส้มตำทอด:ソムタムトー(ト)」と書かれています。

タイ語ができないとなかなか厳しそうですね。ただ「wong nai」での評価は一番高かったです。

 

続いてはこちらのお店。こちらにもお店の名前が記されていません。店舗紹介ページ

引用元:https://www.wongnai.com/restaurants/218583gH-%E0%B8%AA%E0%B9%89%E0%B8%A1%E0%B8%95%E0%B8%B3%E0%B8%97%E0%B8%AD%E0%B8%94/photos/5cb9d342bbc545d7b593dc1fdefd81a7

バンコク市街地からは少し離れますがこちらはいくらか分かりやすい外観をしていますね。それなりに清潔そうだしバンコク住みの方ならビビらず入っていけるでしょう。

小さなお店ですが「ส้มตำทอด:ソムタムトー(ト)」の看板が大きく掲げられています。

 

しかし上記の二店舗はかなりローカル色が強くて旅行者にはハードルが高いかもしれません。

ということでタイ語ができなくても入れるフランチャイズのレストランでソムタムトー(ト)を食べれるところを探してみました。

それでヒットしたのが「ヤムセーブ」というタイ料理レストラン。メニューには確かにソムタムトー(ト)が含まれています。

画像キャプチャ元:http://yumsaap.com/menu.php?category_code=06

 

タイ国内のいたるところに支店がありますし、明瞭会計なので行きやすいかもしれませんね。

噂によるとスワンナプームの一番下にある格安フードコートでもソムタムトー(ト)が食べられるそうです。近々空港に行く予定のある方は確かめてみてください。

ƒスポンサードリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ソムタムトー(ト)を食べたのでブログでちょっと紹介しようと思って書き始めたら、意外とボリュームのある記事になってしまいました。

「タイ旅行で絶対○○を食べて帰りたい!」という人は多いことでしょう。そのリストの中にソムタムトー(ト)を入れてみるのはいかがでしょうか。きっと満足してもらえる味だと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-タイ グルメ
-, , , , ,

Translate »

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2018 All Rights Reserved.