タイ文化 旅行

【ちょっとだけ閲覧注意】タイシルクの生産過程を激写!! +【有名タイシルクブランド】ジムトンプソン

更新日:

みなさんも一度は「タイシルク」というワードを耳にしたことがあるかもしれません。
そうなんです、タイは知る人ぞ知るシルクの名産国(けっこう有名でしょうか?)なんです。

先日少し田舎の村に出かけた時、タイシルクの生産現場に直面しましたのでその様子を今回のタイラボでご紹介したいと思います。前もって言っておきますがイモ虫系が苦手な方には少しだけ「閲覧注意」かもしれません。どうぞ自己責任で読み進めてください。
記事後半ではおすすめタイシルク情報をお届けしています。

【ちょっとだけ閲覧注意】タイシルクの生産過程を激写!! +【有名タイシルクブランド】ジムトンプソン

タイシルクの生産過程はこんな感じ

さて今さらですがシルクの原材料になるのはなんでしょうか?…もちろんご存知でしょう。そう、可愛いこの子たちです【閲覧注意】


蚕(かいこ)です。実はタイの東北(イサーン)地方はタイシルクの名産地として知られています。この伝統工芸品は世界中で高い評価を受けているのと同時に現地タイの日常生活でも広く用いられて来ました。

 

 

蚕が主食とするのは桑の葉です。日本では桑の実のことを「ドドメ」と呼ぶ地方もありますね。お洒落にマルベリー (Mulberry)とか呼ぶ意識高い人もいます。まぁいろんな呼び方がありますが要は蚕の餌に実る木の実です。

 

 

独特の飼育器に蚕を並べ繭(マユ)を作らせます。

 

 

こちらが蚕の繭。自然にこんなに鮮やかな黄色が出るんですね。というか白くないんですね。
日本産のものと違い糸の一本が太くて強く少しごわついた質感があります。でもこの繭から紡がれる糸によってあのタイシルク独特の光沢が出るんですね。

 

ここでお母さん、「こんな布ができるんだよ」と見せてくれました。

思わぬところでタイの伝統工芸の生産過程を見ることができ良い経験になりました。素敵な笑顔で色々教えてくださったお母さんにも感謝です。

 

タイシルクといえば「ジムトンプソン」

さてタイには有名なタイシルクブランドがあります。

Jim Thompson:ジムトンプソン」

ちなみにタイ語ではจิมทอมป์สันと書きます。タイ語表記の発音だと「ジムトームサン」となります。

 

コチラが公式ホームページ http://www.jimthompson.com/index.asp

 

スカーフやハンカチ、ネクタイなど比較的お求めやすい価格帯のタイシルク製品から、高級感あふれる服飾類まで豊富なラインナップとなっています。

バンコクにはジムトンプソンの商品を取り扱っている店舗が数多くあるのですが、特におすすめの2店舗をご紹介しましょう。

 

Jim Thompson Main Store

バンコクでもひときわ大きく高級感あふれるジムトンプソンの直営店。豊富な種類の商品が揃っておりお土産選びに最適です。スタッフの多くも日本語に対応できるようで旅行者にもおすすめのお店です。

この店への行き方ですが、BTSサラデーン駅3番出口で降り、タニヤ(Thaniya)通りをまっすぐ突っ切ります。スラウォン通りに出たら右に曲がり、そのまままっすぐ。右側にみえます。 

もしくは、3番出口で降り、折り返し、シーロム通りを右側にしながら、信号までまっすぐ歩きます。信号に突き当たったら左に曲がり、ラーマ4世通りをまっすぐ歩き、パンパシフィックホテルを通り過ぎ、スラウォン通りに入って、すぐ左側です。

 

 

Jim Thompson Factory Outlet

店名のとおりジムトンプソンのアウトレット商品を取り扱っているお店で、通常よりも3~7割も安く購入できる穴場のショッピングスポットです。

このアウトレットストアへの行き方ですが、BTSバンチャック(BANG CHAK)駅の5番出口を出て、右手の歩道橋を降り、まっすぐ進むと「Soi(ソイ)93」の標識があると思います。

ソイというのは「路地」のことなんですが、このSoi93を進むと、外壁に「Jim Thompson Thai Silk」と書かれたビルが見えてきます。駅から歩いて、7~8分の場所にあります。

 

どちらの場所もGoogleのストリートビューで確認できますので、事前にお店の外観を確かめてから行かれることをお勧めします。

 

「バンコクまで行くのはちょっと‥」という方はもちろんamazon楽天市場などでも購入できます。ワンランク上のタイシルク製品は大切な人へのプレゼントにも最適です。

 

隠れた名観光地 「ジムトンプソンファーム」

「タイイサーン地方の玄関」とも呼ばれているナコンラーチャシーマ県には「ジムトンプソンファーム」という観光地が存在します。毎年期間限定で一般公開されている農場のようですが、タイ人にはすこぶる好評な観光地らしくGoogleマップ上ではかなりの好レビューがなされています。

ファームではシルクとなる蚕の飼育や、糸にする工程、そして布に仕上げるまで見ることができます。他にも、タイ東北部、イサーンの伝統的な昔の家屋や、ひまわり、コスモス等が広大な敷地一面に咲いたお花畑もあるみたいですね。さらに、ジムトンプソンのオーガニック野菜や、蜂蜜やお菓子、蚕飼育には必須の桑の葉やその実を使ったお茶やジャム等の販売もあります。

所在地はコチラ↓

住所: 2072, Tambon Takhop, Amphoe Pak Thong Chai, Chang Wat Nakhon Ratchasima 30150
電話:02 762 2566
公式ホームページ

バンコクからだと車で4時間ほどの場所みたいです。

YouTubeでPVが見れますよ。

今年は12/3から2017年の1/8まで一般公開されているようですね。タイ在住の方は少し足をのばして行ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

近くの村で見かけた蚕の紹介がすっかりジムトンプソンの宣伝になってしまいました。でもせっかくタイに来たなら押さえておきたいポイントですよね。

「ジムトンプソンの高品質タイシルク」、ぜひタイ土産にどうぞ!

 

今日の タイラボ おすすめ広告枠
お得な値段で海外旅行に行くならコチラ↓
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-タイ文化, 旅行
-,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.