タイ生活情報 ニュース 旅行

【大気汚染】タイでもPM2.5がかなり飛んでいる件について【対処法】

投稿日:

大気汚染に関する話題になるとよく耳にする「PM2.5」。日本でも地域によっては毎日の天気予報にプラスで情報を流しているところがあるようです。

パッと思い浮かぶのは中国の大気汚染かもしれませんが、実はタイも、特にバンコクなどはかなり空気が汚いことで知られています。

今回のタイラボではそのあたりの情報をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

【大気汚染】タイでもPM2.5がかなり飛んでいる件について【対処法】

PM2.5って?

そもそも「PM2.5」ってなんなんでしょうか?

微小粒子状物質(PM2.5)とは、粒径2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質です。マイクロ(μ)は100万分の1の単位。2.5マイクロメートル(μm)は髪の毛の太さの1/30程度、花粉より小さい大きさとなります。またPM2.5は、単一の化学物質ではなく、炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属を主な成分とする様々な物質の混合物となっています。

引用元:http://saga-taiki.jp/pm25/pm25.html

引用元:https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/5.html

つまり非常に小さい粒子状の人体に有害な様々な物質が大気中に漂っているということになります。

もちろんそれらが人体に入るととても有害で喘息や気管支炎を引き起こす可能性があります。

また身近なところでいうと、屋外で干した洗濯物などに汚れが付着するのもこのPM2.5が大きく関係している場合が多いです。

 

 

タイの汚染具合は?

では実際のところタイの汚染具合はどうなのでしょうか?

いくつかのサイトでPM2.5汚染状況をリアルタイムで見ることができます。

例えばこちら。

https://pm25.jp/m/180307/23/

主に日本の各地域のPM2.5情報を予測してくれるサイトですが、地図上にタイも含まれておりPM2.5飛来予報情報を見ることが出来ます。そのキャプチャ画面がこちら。

画面中央からちょっと左下へ行ったところがタイです。

こうして見るとタイは日本以上にPM2.5が飛来して来ている(上記写真は先一週間の予報情報です。)ことが分かります。

タイのほとんどの地域で「やや多い」、場所によっては「多い〜非常に多い」と予測されています。

 

こちらのサイトはさらに細かい情報を見ることができます。

http://aqicn.org/city/all/jp/

下のURL先はタイのチェンマイの大気汚染情報が見られるようセットしてあります。

http://aqicn.org/city/thailand/chiangmai/yupparaj-wittayalai-school/jp/

 

こちらのサイト内では「AQI:空気質指数」という単位を使って大気汚染の状況を伝えています。ですからPM2.5だけの情報かというとそうではないのかもしれませんが、関係し合っているのは確かです。

この二つのサイトを見る限りではタイよりもラオス辺りの方が汚染度合いが高いようですね。ということは風向きによってはイサーン地方に流れてくることも予測できます。

 

 

タイでは特にどこの汚染が酷いの?

調査していると少し興味深い情報を見つけました。

https://thestandard.co/global-pm25-air-pollution/

 

今年の2月に書かれた記事のようですが、タイのどこの地域で最もPM2.5が飛んでいるかという情報が掲載されていました。

引用元:https://thestandard.co/global-pm25-air-pollution/

トップ5にランク付けされていますが以下のようになっています。

1位 サラブリー県

2位 バンコク トンブリー地区

3位 コンケーン県

4位 サムットサーコン県

5位 チェンマイ県

意外なことにバンコクが1位ではないんですね。しかしほとんどが大きな都市として知られている町です。

その土地の産業なども関係しているのかもしれません。

タイの多く地域ではいまだに野焼き文化が残っていますので、そうした事も大気汚染に関係していることでしょう。

 

またここに記されている基準値は年平均のものです。

一般的に言われているPM2.5の年平均の基準値は15μm/㎥以下ですので、タイは基準値の約2倍汚染されていることが分かります。

タイ旅行にくる際にも気に留めておきたい事実ですね。

 

 

対処法は?

もちろんお金をかければかなりの割合で自分の周りのPM2.5を除去できるでしょう。

「密性の高い住宅で全館空調システムと組み合わせた電子フィルターを動かし…」というアドバイスをネット上でも見かけましたが、そこまで徹底するのはなかなか難しいのが現実です。

そこでお手軽になってくるのが「マスク」と「空気清浄機」の使用 or 併用です。

 

 

PM2.5対策におすすめマスクはこれだ!

例えば「マスク」ですが、粒径2.5μm以下のPM2.5を防ぐにはドラッグストアで売っているような普通のマスクでは効果がありません。

それでもし日本からタイに買ってくるならN95マスクか、いわゆる粉塵マスクと呼ばれるDS2マスクという規格のものを買ってきましょう。

ただ毎日使うには高価なものも多いと思います。

そこでタイラボがおすすめするのがこちら!

備蓄用も含めて今ご使用のマスクは本当に信頼できますか?
PM2.5やウィルスを通すような安価なマスクでは意味がない!本当に信頼できる高機能マスクが売れてます!

0.1ミクロンの微粒子を99%以上カット※PM2.5は2.5ミクロン以下の粒子です。そのフィルターを使った4層構造!

安心の日本製
大気汚染物質「PM2.5」にも対応
アレルキャッチャーマスクは、0.1μmの粒子なら99%カットするフィルターを使用しています。
マスクにイヤなニオイが残りません
口臭や、タバコのニオイがマスクに付着するのを軽減します。

[L]9cm×17.5cm大人用,女性用
[M]9cm×14.5cm子供用
[S]8.2cm×12.5cm幼児用
※一枚一枚ビニール袋に入っている【個別包装】です。
※Sサイズにはノーズフィットワイヤーはついておりません。
※Sサイズは小学校3年生位までを対象
※サイズに個人差あり
MADE IN JAPAN
・容量
1箱30枚入り

※上記URL先ショップ概要欄より引用

レビュー欄を見てみると購入した人からかなりの高評価を得ているようですね。

一枚70円ほどする決して安くはないマスクですが、安心の日本製、個別包装なので衛生的で持ち運びが便利、0.1ミクロンの微粒子を99%以上カットするフィルターを使った4層構造の超高クオリティマスクですので、そう考えると決して高い買い物ではないかもしれません。

他にも仰々しいゴツいマスクなども売られていますが、結局フィルターを交換しなければいけなかったりしますのでこの「アレルキャッチャーマスク」をおすすめしたいと思います。

 

 

PM2.5対策おすすめ空気洗浄機はこれ!

「タイラボ」というブログ内の記事ですので、やはりここは「海外に持っていく」という目線で選んでいきたいと思います。

しかしPM2.5対応空気洗浄機も室内用となるとたくさん選択肢があるのですが、日本から海外に持っていけるサイズとなるとかなり限られてきます。

部屋置き用などのパワフルな空気洗浄機などはこちらからお探しください→  Amazonで探す 楽天で探す

 

実用的でコンパクト、海外でも簡単に充電でき、見た目も悪くない。そんなPM2.5対応空気洗浄機を探してみました。

それで見つけたのがこちら!

今までの概念を一新する新デザイン
aria独自のデザインで15cmの至近距離で空気清浄を行い、新鮮な空気を直接送り出す。
ドイツの設計者によるスタイリッシュ且つ斬新なデザイン。
2.3cmの専用フィルターに空気中の汚染物質を遮断する4層式フィルターを搭載。
TPE素材を使用したソフトパッドを採用し、柔らかな使い心地。
長時間使用しても疲れないように、本体は約0.3kgの軽量設計。
使用者によりサイズがかえられるように、調節スライダーを搭載。
世界に拠点を持つ検査機関SGSにてPM2.5での検査も行い、徹底的に性能を追求。 
フィルターの推奨交換時期は72時間。
1日8時間の使用で、9日間使用可能。
1立方メートルあたりのPM2.5の粒子数が34608個の環境で 60分後にはPM2.5が99.9%減少されている事を確認。

※上記URL先ショップ概要欄より引用

ヘッドフォンのようなデザインなので人目のあるところで着けていても違和感がありません。

使用レビューもすこぶる高評価です。ただ「臭い消し」には効果はないようですね。あくまで花粉やPM2.5対応用と考えての購入が良いでしょう。

 

少し値が張りますがこちらの商品はさらにスタイリッシュでよりコンパクトなデザインです。

この「ible Airvida L1 (アイブルエアビーダ)」ならビジネスシーンなどでも着けたままにしておけるかもしれません。

動作音がとても静かなのも高評価の理由となっているようです。フォルムが非常にスマートなので特に女性におすすめかもしれませんね。

 

 

ヘッドフォンタイプではなく首からさげるタイプ、もしくは卓上におけるものも根強い人気があるようです。価格もそこまで変わりません。

 

何と言っても信頼の「ぶどうマーク」、専売特許のプラズマクラスターを看板にする「SHARP」からも同価格帯のコンパクト空気清浄機が販売されています。

 

以上の4つがタイラボがおすすめする、「海外旅行に持っていきたいコンパクト空気清浄器」です。

探せばもっと格安のものもありますが、効果あってのものですので程よい価格帯のものを買っておくのが一番無難かもしれません。買ってすぐ壊れてしまうのも安物の特徴です。

 

マスクだけなら少額の出費でPM2.5対策できるので手を出しやすいかもしれませんね。しかし二つを併用するならよりいっそう効果的でしょう。

どの商品もPM2.5だけでなくハウスダストや花粉症対策にも効果を発揮しますので、そうしたお悩みを持つ方にもおすすめできると思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

タイのPM2.5に関する現状をお伝えしました。こうして調べてみて私自身初めて知ったことも多かったです。

タイを含む海外へ旅行に来る予定のある方、仕事などでタイに長期滞在される予定のある方はこうした大気汚染対策にもアンテナを張っておかれると良いと思います。

またタイで日本と同じようなクオリティで買い物をするのはなかなか大変なことですので、日本から準備して来ることを強くおすすめしたいと思います。

以上、【大気汚染】タイでもPM2.5がかなり飛んでいる件について【対処法】でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で






-タイ生活情報, ニュース, 旅行
-, , ,

Translate »

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2018 All Rights Reserved.