タイラボおすすめ記事
【タイ・コロナ】観光ビザ所持外国人はコロナ収束まで自動的に30日延長措置が提案される!?

ついにタイ政府がやってくれそうです!淡い期待と共に「来るか来るか…たのむ来てくれ!」と待ち望んでいた朗報です!

なんと!現在、観光ビザ所持外国人はコロナ収束まで自動的に30日延長されるとのこと!?

タイ政府からの正式広報ではありませんが、このタイラボで何度も情報ソースとして上げている「Bangkokpost」からの情報です。

過去2記事の情報はその後正式発表、行使されましたので、今回の情報の正確性も期待できそうです。さっそく詳しく見ていきましょう。

※とはいえ正式に発表されるまではあくまでポジティブな参考情報としてお受け取り下さい。

【タイ・コロナ】観光ビザ所持外国人はコロナ収束まで自動的に30日延長措置が提案される!?

情報ソース

こちらの記事が情報ソースとなっています。

https://www.bangkokpost.com/thailand/general/1893780/immigration-bureau-pursues-visa-relief-for-foreigners

 

以下のような内容文となっています。

現在、外国人は3つのグループに分かれている。
① 通常はタイに居住しているが、Covid-19の危機によりタイに戻ることができない居住ビザを持つ外国人。
② コロナに関する危機的状況によりタイを出発できない外国人観光客。
③ 一時的な国境通過許可証を保持しており、国境が閉鎖された後にタイで行き詰まった近隣諸国からの訪問者。

①のグループに関しては、本来一年以内にタイに帰国する必要があるがその期間を延期する予定。しかしパンデミックがおさまり次第できるだけ早くタイへ帰国するように。

3月26日以降にビザの有効期限が切れた後、入国管理局に30日間の延長を申請した➁のグループの外国人観光客については、ビザは30日ごとに自動的に更新される。
その際、感染の危機を防ぐためにもイミグレーションに出向く必要はない。
この措置はタイで働いている、または家族がいる外国人には適用されない。彼らは依然として入国管理局に定期的に報告する必要がある。

③のグループに該当する近隣諸国からの訪問者は、国境が再開されるまでタイに滞在することが許可されるが、国境が再開されてから7日以内にタイを離れる必要がある。

入国管理局の責任者であるPol Lt Gen Sompong Chingduang氏は、この提案は来週内閣に提出され、承認される予定だと述べる。

※原文は上記URLから確認できます。 

 

 このタイラボを見てくださっている人の多くは上記の➁のグループに該当するかもしれません。

3/26以降に30日間のビザ延長をしている人は、今後コロナが収束するまでは自動的に30日延長が適用されるというふうに読み取れます。また感染拡大防止のため、その際にイミグレに行く必要もないとのこと。

③のグループに該当するのはノービザ入国者かもしれませんね。国境が再開されるまでは滞在が許可されるようです。

この提案自体がイミグレの責任者からのもので、来週には内閣へ提出され承認される予定だというのも、ここにきて非常に明るいニュースだと言えるでしょう。

まとめ

新型コロナウイルスが猛威を振るっている現在、置かれた状況で不安を感じている人は多くいらっしゃるはずです。

もしこのニュースが実現するならタイに残された多くの外国人観光者のストレスは激減することでしょう。

タイラボも記事にするニュースを厳選しています。

不必要に混乱を招くようなことは決してしたくありませんが、信頼度の高い有益な情報をシェアする点ではできるだけ前向きな姿勢を保ちたいと思っています。

この情報をあくまで参考としてとらえ、個人または身近な友人たちのお役に立てていただければと思います。

《Bangkokpostがソースとなっている他記事》

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事