タイ語

【タイ語】日常生活でめっちゃ使える便利な言葉「なんでもいいよ!」「おまかせします」「◯◯次第」

更新日:

この記事ではタイの日常生活でよく使う二つの言葉を紹介しましょう。

なんでもいいよ」「おまかせします」といった言い方によってはなんだか無責任で怒られそうな言葉ですが、日本でもよく使うことがあるんではないでしょうか。
しかし言い方と雰囲気さえ気を付ければ相手の意見を尊重した使い勝手の良い言葉にもなります。

ではさっそくそれぞれをタイ語でどのように表現するのか見ていきましょう。

【タイ語】日常生活でめっちゃ使える便利な言葉
「なんでもいいよ!」「おまかせします」「◯◯次第」

 

「なんでもいいよ」

タイ語では「อะไรก็ได้:アライゴダーイ」 と言います。

これは日常生活で本当にによく使う言葉です。

例えば‥

「今日何食べたい?」「アライゴダーイ」

「お土産買ってくるけど何が良い?」「アライゴダーイ」

「何の映画見に行く?」「アライゴダーイ」

「子供の名前、何にする?」「アライゴダーイ」←ダメ!絶対!

と様々な質問に対して使える言葉です。ただいつもこの返答ばかりだと人間関係に支障をきたす可能性が出てくると思いますが‥

場の雰囲気を読んで相手が明確な答えを求めている時以外に使うようにしましょう。

 

ちなみにこの「アライゴダーイ」の応用形として「アンナイゴダーイ」と「ティーナイゴダーイ」というものがあります。

「アンナイゴダーイ」:どれでもいい

「ティーナイゴダーイ」:どこでもいい

タイ語表記は次のようになります。

อันใหนก็ได้:アンナイゴダーイ」

ที่ใหนก็ได้:ティーナイゴダーイ」

「どれがいい?」など幾つかの選択肢から選ぶような質問なら「アンナイゴダーイ」を使えます。

「どこに行きたい?」といったどこかの場所を選ぶ質問なら「ティーナイゴダーイ」を使いましょう。

 

ちなみに「ダーイ」と語尾を伸ばして表記していますが正式には「ダイ」と短く発音します。しかしほとんどの場合、会話では感情をこめて「ダーイ」と伸ばして発音すると覚えておいてください。

 

「おまかせします」「◯◯次第」

これらもよく使う言葉ですね。上で取り上げた「なんでもいい」のセクション中にあるすべての質問に対応できる言葉です。しかも「なんでもいい」と言うよりも相手の意見に合わせてる感がありますね。

「おまかせします」タイ語では次のように言います。

แล้วแต่คุณ:レーオテークン

「あなた次第」という直訳になりますがほぼ「おまかせします」と同じ意味合いになります。冷たい雰囲気で言うと突き放すような感じに取られてしまうかもしれないので、手のひらを相手の方に向けて「あなたにお任せします」という気持ちで言うとより伝わりやすいかもしれません。

 

これも応用が効く言葉です。「あなた」を意味する「คุณ:クン」の部分を該当するものに変えれば「◯◯次第」というタイ語を作ることができます。

例えば

แล้วแต่เขา:レーオテーカオ」彼次第

แล้วแต่ครอบครัว:レーオテークロープクルア」家族次第

แล้วแต่ราคา:レーオテーラーカー」値段次第

といった感じです。

日常会話の中ですぐに返答できない時などに使うことができますね。応用の効くタイ語ですので是非覚えておきましょう。

 

 

まとめ

タイの日常生活でよく使う「なんでもいい」「おまかせします」「◯◯次第」というタイ語をご紹介しました。これらのタイ語を応用して使えればかなり会話の幅も広がることでしょう。
しかし今日取り上げた3つの言葉を使う際、共通して気を付けないといけないのは温かい雰囲気と笑顔をもって使うという点です。

実際、タイ人もこれらの言葉をよく使います。ですから「レーオテークン」がお互いに飛び交う会話をよく耳にすることがあります。そういうところは日本人と似ているのかもしれませんね。

便利なタイ語表現ですので是非覚えて使ってみましょう。

 

 

タイ語マスターを目指す人はかゆいとこまで手の届くこちらの辞書を!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-タイ語
-, , , ,

Copyright© タイラボ Thai-Lab. , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.